プロファイリングで探る! トランプの「資質」は大統領に適するか

写真拡大

トランプは大統領に適した資質を持つ人物なのか――画期的なプロファイリングにより、その強みと偏りが明らかに。危うい魅力の原因とは?

■プロファイリングで判るトランプの強み

2017年1月20日、大統領就任式が終わり、第45代ロナルド・トランプ米国大統領が誕生した。

2016年11月9日の大統領選勝利演説で「すべてのアメリカ国民の大統領になる」(“President for All Americans”)と明快に宣言したトランプ。就任演説では、「大統領の就任演説」ではなく、「候補者の集会演説」のような水準にまで戻ったというのが率直な印象だ。

トランプがどうして3カ月弱の間に大きな軌道修正を迫られたのかを理解するには、トランプの戦略とともにトランプ自身の資質を理解することが重要だろう。

政治マーケティングにおいて、対象となる候補者や政治家の資質を分析することは極めて重要となる。商業マーケティングにおいても、創業者や経営者のセルフリーダーシップやセルフブランディングは極めて重要であるが、まさに人物そのものが「商品」である政治マーケティングにおいては、その重要性がさらに高まるわけだ。

米国の大学やビジネススクールでは、近年、セルフリーダーシップにおいて自分自身の強みや資質を客観的に把握するツールとして、ギャラップ社のストレングス・ファインダーが使われることが増えている。これはWebサイト上で177個の質問に答えることで、自分の強みを知ることができるもので、2016年11月時点で1500万人以上が受験し、有用性が高いことでも定評がある診断プログラムである。

今回、米国ギャラップ社日本法人での勤務経験があり、16年におよぶストレングス・ファインダーの実践経験をもつストレングス・コーチのM氏、ギャラップ社認定ストレングス・コーチである杉嶋奈津子氏と私の3名でのディスカッションをもとに、ストレングス・ファインダーによるトランプの資質のプロファイリングを行った。

この試みは私たち3名による仮説的なプロファイリングであり、トランプがギャラップ社の診断プログラムを受講した結果によるものではない。また、ディスカッションの材料としては、トランプの出演TV番組、集会での演説、選挙戦でのディベート、公開情報に基づくトランプの人物像、トランプと直接交友のある人物からの非公開情報に基づくトランプの人物像などの情報を使用した。

ストレングス・ファインダーでは、「責任感」「協調性」など34項目の資質が挙げられ、それらが「実行力の資質」「戦略的思考力の資質」など4つの領域で分類されている。診断プログラムを受講すると、その人の強みといえる上位5項目の資質が明らかになるというわけだ。

トランプについて34項目の資質を検討すると、図のような結果となった。

■才能が「影響力」に偏る男

私たちの仮説的プロファイリングによると、トランプの“5つの強み”は「活発性」「コミュニケーション」「最上志向」「自我」「競争性」となった。これは何を示すのか。分析してみよう。

【全体の傾向】

予想されるトランプの5つの強みは、すべてが4つの領域のうちの「影響力の資質」に属する。これは、人に影響を与えたいという意識が強いということである。これまでに1万人にも及ぶ人たちの資質を見てきたM氏によれば「“5つの強み”すべてが『影響力の資質』に偏ることは非常にまれで、1000人に1人いるかいかないか」とのこと。影響力の資質が強い人は、存在そのものが人に大きな影響を与える(そして与えたい)人物である。その影響力の大きさで自分自身を評価するようなタイプであり、人からの好き嫌いが明確に分かれるタイプであるとも考えられる。またここまでの影響力の資質が強い人は、エネルギーレベルの高さや、人を鼓舞する能力に長けていることを示している。

【「競争性×最上志向×自我」による強み】

トランプのこれまでのヒストリーを踏まえると、「1番になりたい」(競争性)×「最優秀でありたい」(最上志向)×「特等席に座りたい」(自我)の3つの志向を同時にもっていると考えられる。これら3つの才能が組み合わせにより、トランプが目指す水準について理解できる。それは、真にレベルの高いことを志向している一方で、特権階級的な意識をもつ可能性もあるということである。また、トランプが努力を怠らずに自分を磨き続けることに熱心な人物であることも物語っている。

【「競争性×自我×戦略性」による強み】

トランプは取引や交渉が得意で好きであることを公言しているが、この特徴を、ストレングス・ファインダーの資質から読み解くと、「競争性×自我×戦略性」の組み合わせにより発現したものではないかと予想される。競争や取引で一番となり、それによって賞賛されることを喜び、またそのために戦略性を駆使できることが彼の強みであると考えられる。

■放言、暴走には理由があった!

【「活発性×コミュニケーション×最上志向」による強み】

はっきり物を言い、人から愛されやすい一方で、同時に失敗することも少なからずある――トランプのこの傾向は、「活発性×コミュニケーション×最上志向」の組み合わせから発現したものであると予想される。お互いに受容されている関係性や状況においては、自由でのびのびとし、なおかつ思いやりがあると相手から受け止められやすい一方で、自分が攻撃される状況においては、思慮深さに欠けると受け止められやすくなると考えられる。

当選確実が伝えられた後で行った勝利演説でヒラリー・クリントンの労をねぎらう発言を行ったこと、選挙後にオバマ大統領と会談した際に同氏を賞賛したこと、安倍首相と会談した際に思いやりや気配りを見せたことなどは、これらの資質が長所として発現した場合の好事例であると考えられる。

2016年12月20日に開催された内外情勢調査会での講話において、安倍首相はトランプとの会談を振り返り、内容自体はオフレコとしながらも「(トランプは)非常に率直に話をし、人の話をよく聞く」と強調した。この印象が「信頼できる人物である」というトランプへの人物評価につながったものであると感じた。このように、平常時においてこれらの組み合わせがポジティブに発揮された場合には、相手に信頼感を与えるとともに、アドリブ満載で臨機応変なコミュニケーションが人を大いに魅了するわけだ。

【「活発性×コミュニケーション」による強み】

34の資質のなかで、よい方向にも悪い方向にも振り幅が大きくなる活発性と、考えなくても話をすることができる高いコミュニケーション能力を同時に強みとしてもつことは、トランプの資質を語る上で極めて重要なポイントとなる。活発にコミュニケーションすることで人を魅了する一方、熟慮の上で話をするべきシーンで活発性が悪い方向に発揮され、想定外の言動を行い問題を引き起こしてしまう傾向は、この組み合わせから派生しているものと考えられる。

【「戦略性」「着想」の強み】

トランプは“5つの強み”の次点として、戦略性、着想を強みとして有していると考えられる。この戦略性を駆使して取引や交渉に臨むことで勝利の可能性を高めているものと思われる。また思考の才能といえる着想が戦略性と組み合わされることにより、「活発性×コミュニケーション」がポジティブに発揮され、多くの人を意図的に魅了できていると考えられる。その一方で、「活発性×コミュニケーション×着想」が上手にコントロールされない場合には、即断即決でネガティブな結果をもたらすことも有り得ると考えられる。

戦略性を資質にもつと予測されるなかで大統領選挙に勝利したトランプ。その日の勝利演説で「すべてのアメリカ国民の大統領になる」とすでに威厳ある大統領然とした態度を示したトランプ。

今回の資質分析の結果は、なぜトランプが大統領選の勝利から3カ月も経たない間に軌道修正を迫られ、就任演説で「予備選挙戦キャンペーン中にコア支持層の熱狂を獲得しようとしている候補者」に戻ってしまったのかの背景を物語っていると言えよう。

----------

田中道昭(たなか・みちあき)
立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授。シカゴ大学ビジネススクールMBA。専門はストラテジー&マーケティング、企業財務、リーダーシップ論、組織論等の経営学領域全般。企業・社会・政治等の戦略分析を行う戦略分析コンサルタントでもある。三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役(海外の資源エネルギー・ファイナンス等担当)、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部長(プリンシパル)、オランダABNアムロ証券会社オリジネーション本部長(マネージングディレクター)、東京医科歯科大学医療経営学客員講師、グロービス・マネジメント・スクール講師等を歴任。著書に『ミッションの経営学』など多数。
http://www.rikkyo.ac.jp/sindaigakuin/bizsite/professor/

----------

(文=立教大学ビジネススクール教授 田中道昭)