メイドは全員ロシア美女! 女子も楽しめる話題の「ItaCafe」へ行ってみた

写真拡大

 今、国内外から取材が殺到しているメイドカフェがあるのをご存知ですか? 昨秋、東京・早稲田にオープンした「ItaCafe」。メイドの格好をした店員さんが接客してくれる点は他のお店と同じですが、その店員さんというのが全員ロシア人美女なんですって!

 ロシアって、あの美女大国で鳴らしているロシア!? しかも、従来のメイドカフェといえば男性客が多いイメージですが、ここ「ItaCafe」は女性一人でも気軽に遊びに行きやすいと、女性人気も集めているとか。これは調査せねば!

◆「ItaCafe」の設立者はコスプレ界の有名人、ナスチャん

 地下鉄早稲田駅からすぐ、全面ガラス張りの賑やかな店内を、深紅の服に白いエプロンを纏い、ツヤツヤの金髪を揺らしながら働くメイドさんたちを発見! か、かわいい〜!

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=650044

 利用料は席料200円(30分毎)、希望する人のみメイドさんとのチェキ撮影1500円。30席ほどある客席は、各面の壁紙が異なる造りで、ある面は村の酒場、またある面は洞窟のよう……なんだかおとぎ話の世界にいるみたい!

 連日ほぼ満席が続く「ItaCafe」を企画したのは、ロシア出身で「美人すぎるコスプレイヤー」として知られる“ナスチャん”。コスプレ界で知らない人はいないくらい有名な女の子です。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=650127

 聞けば、アニメをきっかけに日本に興味を持ち始めたという彼女。コスプレイヤーとしての活動と並行しながらクラウドファンディングを活用し、昨年念願だったメイドカフェを早稲田にオープンさせたのだそう。現在、ここで働くのはナスチャんを含めた4人の女の子。日本語学校や音楽の専門学校に通いながら夢を追いかけている話を聞くと、なんだか応援したくなっちゃう!

◆メイドさん手作りのロシア料理も、ファンが多いとか

 そんな「ItaCafe」の人気を支えるのは、メイドさんたちのかわいさだけではありません。彼女たちが作るロシアの家庭料理を目当てに来るお客さんも多く、一般に知られる「ボルシチ」(850円)や「ピロシキ」(400円)はすぐに完売してしまうほど人気だとか。

 他にも、鶏肉入りのポテトサラダ「オリヴィエ」(500円)や、現地ではお祭りのときに食べられることが多いというビーツ入りのサラダ「ヴィニグレット」(500円)、鶏肉やキャベツ、ジャガイモなどを使い、実はロシアではボルシチよりもポピュラーなスープである「シー」(850円)、ロシア風の水餃子「ペリメニ」(600円)など、本場っぽいロシア料理がいっぱい!

その味に、ロシアへの旅行経験を持つお客さんも太鼓判を押しているんだとか。これは楽しみ!

◆手作りの料理、デザートを食べてみた

 この日おすすめしてもらったのは「牛肉とそばの実のやわらかごはん」(850円)と「マヨネーズのハム巻きガーリック風味」(400円)。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=650049

 ロシア料理によく使われるそばの実。噛むほどにプチプチとした食感が口いっぱいに広がり、メイドさん曰く「ロシア版お袋の味」という一皿は日本人の舌にも合う優しい味わいです。

 もう一品の生ガーリックをがつんと効かせたロシア的アテのハム巻きには、ぜひロシアビール「ヴァルティカ」(500ml 900円〜)を合わせてみて。白ビールのような軽い飲み口で女性にも飲みやすいです。

 また、女性にうれしいデザートメニューも充実していて、角切りのりんごがたっぷり入ったシフォンケーキ「シャルロッカとバニラアイスクリーム」(500円)など、ぜ〜んぶメイドさんが作っているというから驚き。ちょっとちょっと〜、カフェというよりもはや立派なロシア料理店ではありませんか!ハラショー!

 気が付けば記者もすっかり彼女たちの虜に……。“かわいい・おいしい・たのしい”の三拍子に、男子ならずともハマってしまうかも?

<TEXT/井上こん>

「ItaCafe」
東京都新宿区早稲田町67 早稲田クローバービル1F
火〜金15:00〜19:00L.O./土日祝12:00〜19:00L.O.
定休日:月
公式サイト:http://www.itacafe.com/