手頃でおしゃれで機能的、電動自転車が「未来の通勤手段」に?

写真拡大

ほとんどの人が自転車に乗ることができるが、年を重ねるにつれて自転車に乗る機会は減っていく。さらに残念なことに、アメリカでは、自転車通勤する人が長きにわたり減り続けている。

しかしながら米国勢調査局によると、健康増進と環境への配慮の理由から100万人近くが自転車で通勤しているという。自転車レンタルシステムを導入している市も多く、ウーバーやリフトのような配車サービスの成長を考えると、こうした傾向は自動車メーカーにとっての悩みの種だろう。

筆者は先日、イースピン・イーバイクスの最新の電動自転車「フロー」を試乗した。競合他社の電動自転車が2,400ドル(27万円)以上するのに対して、イースピンの1,888ドル(約21万3,000円)という価格は極めて魅力的だ。

通勤・通学者をターゲットとしているフローの特徴は、後部の荷物台に取り付けられているゆったりとしたサドルバッグだ。バックパックも楽に収納できるサイズで、目的地に到着したら簡単に取り外すことができる。

ハンドルバーの中央にあるコントロールモニターには、距離やスピード、バッテリー寿命などの重要なデータが表示される。配線は全て耐水性があり、雨の日も心配ない。LEDのヘッドライトがつき、安全性も優れている。

取り外し可能なリチウムイオン電池(418Wh)を搭載しており、走行可能距離は約50キロ。4時間半で充電が可能だ。電動自動車のバッテリーと同様にライフサイクルが決まっており、この電池の場合は約500回充電することができる。バッテリー寿命は2〜4年というところだろうか。盗難対策としてバッテリーはフレームの中に組み込まれている。

また、イースピンではスポーツモデルも発表しており、こちらは伝統的なダイヤモンド型のフレーム構造だ。航空宇宙規格材料のアルミ合金フレームを使用していることから、イースピンの自転車は一般的な電動自転車(約27キロ以上)よりも軽くなっている(約22キロ)。

「機能性を備えながら、スタイリッシュで通勤にぴったりの電動自転車を模索していた。イースピンはこうした必要性から生まれた自転車だ」と、イースピン・イーバイクスの共同創業者ジョシュ・ラムは言う。

「電動自転車はバッテリーが大きいものが多く、価格も高い。もっと手頃な価格で、気軽に乗れる電動自転車を作る方法があるはずだと考えていた」

筆者はイースピンの試乗を体験するまで、電動自転車に乗ったことはなかった。モーター(出力350w)の起動は左のハンドルバーで行える。ハンドルで5段階の電動アシストを選ぶことができ、最高速度は時速40キロ前後だ。ギアの切り替えはハンドルバーの右側のフリックノブでできる。モーターはペダルをこがないと起動しないという賢い機能。ディスクブレーキも申し分ない。

電動アシストのおかげで気軽に自転車で走れるようになり、子どもの頃に初めて二輪の自転車に乗れるようになった時の気持ちがよみがえる。電動アシスト機能でついつい飛ばしてしまうため、特に交通量の多い場所では速度に注意する必要がありそうだ。

「きれいな格好をした可愛い女性がもっと自転車に乗るようになるようになれば、自転車人口は増えるだろう」――そんな説を思い出す。少し性差別的に聞こえるかもしれないが、この主張が意味するのは、自転車に乗るのがもっと簡単になれば、今より多くの人が自転車に乗るようになるということだ。

イースピン・イーバイクスは2015年にサンフランシスコで創業。2016年12月に通勤向けの電動自転車を発表した。優れたデザインと手頃な価格の両面を持ち備えたイースピンの電動自転車は、自転車通勤の流行を後押しするものになるはずだ。