写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●日本での発表が待ち遠しい
1月初旬に米ラスベガスで開催された「CES 2017」。AIやVR、有機ELテレビなどが主役を張り合う中にあって、パナソニックから気合いの入ったフラッグシップカメラ「LUMIX GH5」が正式に発表された。

本レポートでは、現地で撮影したLUMIX GH5の実物と6K PHOTO、4K動画の作例を掲載。パナソニック イメージングネットワーク事業部 商品戦略企画部 担当部長 前田将徳氏の談話を交えつつ、その実力を紹介しよう。

LUMIXシリーズの次期最上位モデルであるLUMIX GH5は、2016年9月の「Photokina 2016」で開発発表されており、動画撮影では4K/60pや4:2:2 10bit、静止画撮影では1,800万画素の6K PHOTO機能、秒間60コマ連写が可能な4K PHOTO機能を搭載することが知られていた。

今回のCES 2017では、イメージセンサーのLIVE MOS センサーや画像処理を行うヴィーナスエンジンの詳細など、スペックが明らかにされたが、パナソニックブースにおけるLUMIX GH5の展示は、スペックや機能の説明よりも作例の鑑賞や実写体験コーナーが目立つ印象だ。実際に見てもらいたい、使ってもらいたいという意図がうかがえる。

○LUMIX史上最高画質を証明

まず、LUMIX GH5のカメラとしての実力を証明するのは、2015年にピューリッツァー賞を受賞した写真家、ダニエル・ベレフラク氏の作品だ。LUMIX GH5が搭載するLIVE MOS センサーは、前作GH4の1,605万画素から2,030万画素に高画素化されたうえに、ローパスフィルターを省いた仕様となっている。商品企画を担った前田氏が、「色合い、階調性、立体感などすべての点でLUMIX最高画質」と説明する通り、この新しいセンサーとヴィーナスエンジンの実力が伝わってくる。

4K/60pの滑らかな動きがわかる、動画作品コーナーも圧巻。LUMIX GH5は、プロユースも視野に入れて開発されており、プロの制作現場で使われる4:2:2 10bit フォーマットを単体で記録できる。「GH4でもHDMI経由で外付けの記録デバイスに4:2:2 10bit出力ができていたが、GH5では単体で実現」(前田氏)。プロの現場では、この機動力が歓迎されるはずだ。

LUMIX GH5の新機能で、筆者が一番注目しているのが「6K PHOTO」だ。「これまでの4K PHOTOが約830万画素だったのに比べ、GH5の6K PHOTOでは約1,800万画素となった。引き延ばしてプリントできるようになったことで、プロの写真家からも実用的になったと評価された」と前田氏。夏には、(4K動画の) HDR撮影に対応するアップデートを行う予定がある。

LIVE MOS センサーの高画素化によって実現されたのは確かだが、「センサーの画素数だけではなく、ヴィーナスエンジンの性能の進化も大きい」とのこと。約1,800万画素の動画を単純に静止画として切り出すのではなく、ヴィーナスエンジンがエンコードして "写真" として仕上げるのだそうだ。以下3点の写真は、ブースに展示されていた6K PHOTO作品の元データ。クリックして拡大しながら、その実力を感じ取っていただきたい。

○6K PHOTO作品データ

●写真で見るLUMIX GH5
○写真で見るLUMIX GH5

(阿部求己)