キャンピングカーが大集合

写真拡大

幕張メッセ(千葉県千葉市)で2017年2月2〜5日、日本最大級のキャンピングカー展示会「ジャパン キャンピングカーショー2017」が開催される。

300台のキャブコン・バンコン・トレーラーなどが集結し、レンタルキャンピングカーの試乗会を催したり、日産自動車で近日中に発売される予定のキャンピングカー「グランピングカー」を展示したりする。

7万人の来場を見込む

「ジャパンキャンピングカーショー2017」には、過去最多のキャンピングカー300台が展示される。毎年2月に開催されており、昨年度の来場数は6万1000人だったが、今年は7万人を見込んでいるという。

出展車の中でも、日産自動車が開発したワンランク上のキャンピングカー「グランピングカー」は注目されている。「リチウムイオンバッテリーシステム」を搭載し、少なくとも3〜4日の間はエアコンや電子レンジなどの電化製品を自由自在に使用できる。

ワークヴォックスの車いす移動車「ACTIVE MY CABIN」や、FCAジャパンの商用車「デュカト」、ニートRVのアメリカン・ダウンサイジング車「ウィネベーゴ・フューズ」なども初めて公の場で披露される。

その上、レンタルキャンピングカーの試乗会(予約制)も初めて行われる。レンタルキャンピングカーは近頃、人気を集めており、2017年は「レンタル元年」とも言われるほど。

大小9種のキャンピングカーを用意し、来場者に無料で試乗体験を提供する。