1
 
iPhone7 Plusを水温4℃の川に13時間放置しても、何事もなく使えたとする動画が話題を呼んでいます。

真冬の川に水没しても問題なし!

iPhoneを水没させるという実験はすでに目新しくもありませんが、この実験はロシアならではと言えるでしょう。凍りついたロシアの川にiPhone7 Plusを13時間放置し、耐久実験が行われました。
 

#купель#iphone7#iphone7plus#Тест# сегодня позвонил друг попросил помочь достать со дна новенький IPhone 7+. Так вышло что во время ночной рыбалки он уронил нечаянно в лунку свой новенький IPhone 7+ телефон пролежал на дне реки 13 часов с 35 % зарядом батареи когда достал его, заряд батареи был 19 % , несмотря на то что температура воды была + 4 градуса. Ну и в завершение спасательной операции, я окунулся три раза так сказать смыл грехи.

Fedorさん(@emfedor1983)が投稿した動画 -


 
Instagram上に公開された動画では、魚を釣るために氷に開けた穴からiPhone7 Plusを引き上げるシーンが収められています。水温は実に4℃という過酷な条件でしたが、投入する前に35%あったバッテリーは、13時間後でも19%としっかり残っており、ほぼ水没の影響を受けなかったことがうかがえます。

水没に耐えるが、故障しても保証の対象外

厳密に言えば、iPhone7に搭載されているのは防水ではなく「耐水」性能ですが、それでもシンクやトイレ、ビーチへの落下など予期せぬ水没による故障は防げるだけの、1mの水深で30分間無事に耐えることを示す規格、IP67を有しています。
 
もっとも、今回の動画はどういった条件なのか水温以外は不明ですが、仮に実験のように水没させて故障しても、Appleによる無償サポートの対象外となるので注意が必要です。
 
 
Source:AppleInsider
(kihachi)