(ネット画像)

写真拡大

 『Step To Health』の記事によると、「目の下の目袋は、疲労やストレスによって目蓋が炎症し、体液と毒素が目の周りに蓄積しておこる」と指摘しています。

 ここで皆さんに、目袋解消方法について紹介します。

 目袋の解消方法

 夕食は塩分を控えめにして、野菜を食べるようにしましょう。多くの野菜には利尿作用があり、身体に体液が溜まるのを防いで、目袋を解消させる働きがあります。夕食に野菜を食べることで、体内に残った過剰な物質が取り除かれて、目袋の解消効果が現れます。

 就寝前に、注意しておきたい事があります。それは、寝るときの姿勢です。枕を身体より高くし、身体の循環が良くなるように姿勢を整えましょう。枕を高くして寝ると、重力の原理によって身体の循環が良くなります。

 冷たい水で洗顔

 睡眠不足の翌朝は、疲れが表情によく現れます。起床後、すぐに冷たい水で洗顔すると、目蓋の炎症を防ぐ事が出来ます。また、起床後の冷たい水の洗顔には、保湿効果もあります。

 水分を十分に取る

 目袋ができる原因は、身体に体液が多く溜まる事にあります。最も大切なのは、水分を十分に取ることです。水分を取ることにより疲労が回復し、合併症を起因とする体内の悪い循環が軽減されます。

 カモミール

 消炎作用のあるカモミールは、一種の薬草として用いられています。カモミール液をコットンに取り、目の周りに5分〜10分くらい当てると、目袋が解消し効果が現れます。

 お茶パック

 使用後のお茶パックは捨てずに、冷蔵庫へ保管しましょう。お茶パックが冷たくなったら冷蔵庫から取り出し、数分間、目の周りに当てると目袋を解消することが出来ます。この方法は非常に効果的です。

 胡瓜(きゅうり)

 まず、輪切りにした胡瓜を冷蔵庫に保管します。胡瓜が冷たくなったら冷蔵庫から取り出し、目の周りに10分くらい当てます。胡瓜を使ったこの方法は、目袋を解消するだけでなく、目の下の「くま」を薄くする効果もあります。まさに一石二鳥です!

(翻訳編集・林書羽)