フィアット・パンダが1年振りのマイナーチェンジでデザインを洗練!

写真拡大 (全9枚)

価格はマイチェン前から変更なし

フィアット500と並んで愛くるしい顔を持つパンダ イージーがマイナーチェンジを実施。1月21日より全国のフィアットディーラーで発売される。ステアリングやメータークラスターのデザインを変更しながらも価格は、マイナーチェンジ前と変わらず213万8400円をキープしている。

今回のマイナーチェンジでは、Dカットにしたステアリングホイールを採用したほか、メーターの文字のフォントを見やすくして視認性を高めた。ホイールもこれまでに比べモダンなデザインに変更されている。

また、ファブリックシートにステッチ入りのバイカラーを採用。ダッシュボードパネルはブラックに統一するなど細部までイタリア車らしいオシャレさを表現している。

安全面でも、30km/h未満で走行中にレーザーセンサーが追突の危険を探知すると、自動ブレーキを作動させる「シティブレーキコントロール」や、坂道での後退を防止し、発進をアシストをする「ヒルホールドシステム」は今までどおり標準装備される。