「下剋上受験」の撮影現場に、“下剋上チャンピオン”小國以載選手がベルト持参で激励に/(C)TBS

写真拡大

中卒の父親が偏差値41の娘と二人三脚で最難関中学合格を目指す“お受験ホームコメディー”として、金曜ドラマ「下剋上受験」(毎週金曜夜10:00-10:54TBS系)が1月13日にスタートした。

【写真を見る】小國選手は、熱望していた深田恭子との対面がかなった。深田は新チャンピオンから“下剋上”魂を継承!/(C)TBS

主人公・桜井信一役の阿部サダヲの熱演やその妻・香夏子役の深田恭子のエプロン姿、先週配信を開始したLINEスタンプが早くも話題になっている。

そんな本ドラマの撮影現場に“下剋上チャンピオン”ことIBF世界スーパーバンタム級王者・小國以載(おぐにゆきのり)選手が激励に訪れた。

小國選手は昨年大みそか、王者ヨナタン・グスマン選手から判定勝利を収め新チャンピオンに輝いた。グスマン選手は23戦22勝(22KO)無敗(1無効試合)という圧倒的な戦績を誇る最強王者で、下馬評でも8-2で防衛するだろうといわれていた。

圧倒的不利が予想される中、2度のダウンを奪い王座をつかみ取った小國選手は“下剋上チャンピオン”と呼ばれるように。誰もが無理だと思うことをやってのける“下剋上”という共通のキーワード、さらに小國選手が昔から深田の大ファンだと公言し対面を熱望していたこともあり今回の激励が実現した。

阿部にいざなわれてスタジオ入りした小國選手は、緊張の面持ち。あれだけ会いたいと熱望していた深田の隣に立っても「かわいい! ヤバい!」を連発するものの全く目を合わせられないというシャイな一面を見せた。

しかし、「ドラマの第1話を見て、周りが応援してくれて助けてくれるけど結果を出すのは自分という点がボクシングも受験も似ている」と共感を口にした。

一方、チャンピオンベルトを持たせてもらった子役の山田美紅羽は「重い!」と素直な感想を述べた。

また、ドラマでは深田演じる香夏子が阿部演じる信一にパンチやビンタを浴びせることも話題になっているが、小國から「腰の回転を使ってキレよく出せばパンチでもビンタでも威力が増す」と深田にアドバイスをし、阿部が慌てる場面も。

終始和やかで時折爆笑も飛び出す対面となったが、桜井家3人は、一足先に下剋上を成し遂げた小國選手から勇気をもらっていた様子。放送が進むにつれてドラマの内容もハードになっていくが、“下剋上”魂を受け継いだ桜井家がどんなふうに逆境を乗り越えていくのか見届けたい。

■“下剋上チャンピオン”小國以載選手と対面した深田恭子のコメント

あっという間の時間でしたが楽しい時間でした。小國選手は試合の時と打って変わって無邪気な表情で気さくにお話しさせていただきました。

“下剋上チャンピオン”にお会いして勇気をいただき、私も皆さまに勇気や笑顔を届けられるよう、ドラマの撮影に励もうと思います。

■1月27日(金)放送・第3話のあらすじ

人生大逆転を懸けた中学受験に向け猛勉強中の桜井家。しかし、睡眠時間を削っての勉強がトラブルを巻き起こす。ついに受験反対の担任教師・小山(小芝風花)が突然の家庭訪問。そして信一(阿部サダヲ)と佳織(山田美紅羽)の中学受験を全面否定する。その時、佳織の本音が爆発! 娘の思いを知った信一と香夏子(深田恭子)はある決断を下す。一方、職場の後輩・楢崎(風間俊介)も信一に不満をぶつけ、桜井家は公私共に大波乱の展開に陥る。