北朝鮮の労働新聞は23日、ドナルド・トランプ氏の米大統領就任式に、韓国から政界関係者などが出席したことに対して「侵略と略奪の元凶である米国にすがりついて余命を維持してみようとする親米・売国奴、外部勢力依存病者らの卑屈な妄動である」と糾弾する論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「かいらい一味がトランプの歓心を買い、彼の後押しの下で乱れた政局を収拾し、政治的野心を実現しようとへつらい競争に出たのはきわめて哀れなことである」と指摘。

さらに、「民族に背を向け、親米事大と外部勢力依存で汚らわしい命脈をつないでいきながら反共和国圧殺に狂奔している売国逆賊らを絶対に許さず、断固と懲罰すべきである」と強調した。