子どもの野球離れ深刻、用品メーカー21社が「球活」を開始

写真拡大

 先週の16日、画期的な発表があった。

 野球とソフトボールで使うグラブやバット、スパイク、ボール、ユニフォームにベース、バッティングマシンなどの用具を扱うメーカー、販売会社21社が一致協力して一般社団法人「野球・ソフトボール活性化委員会」(略称・球活委員会)を設立したというのだ。

 参加した21社は50音順で、アシックスジャパン、アディダスジャパン、イソノ運動具店、イモト、エスエスケー、久保田運動具店、ザナックス、三共スポーツ、シウラスポーツ用品、ゼット、ダイワマルエス、デサント、内外ゴム、ナガセケンコー、ハイゴールド、ヒロウン、フラッグ、ベンゼネラル、ミズノ、レワード、ローリングスジャパン。

 スポーツ好きなら誰もが知る、ミズノ、アシックス、アディダス、デサントといったメジャーブランドから、知名度は低いもののグラブやボール、ベースなどしっかりとした品質の用具を職人気質で作ってきたメーカーが名を連ねている。

商売敵が大同団結に至った
子どもの野球離れの深刻さ

 こうした会社同士が手を組むことは通常では考えられない。言うまでもなくシェアを争うライバル同士だからだ。が、その恩讐を超えて団結をし、野球・ソフトボールの振興活動を行なおうというわけだ。

 こうした異例ともいえる動きが起こった背景には、子どもたちの野球離れがある。

 高校球児は減っているわけではない。高野連の統計による全国の高校硬式野球部員数を見ると、野球が日本で最も人気があるスポーツだった1980年代は12万人から14万人を推移。それが2002年には15万人を超え、以降も増え続けた。そして3年前の2014年には史上最多となる17万312人を記録。この年を境に減少に転じたが、昨年も16万7000人超の高校球児がいた。1980年代前半と比べると、4万人近くも多いのだ。

 これはやはり甲子園という目標があるからだろう。もちろん甲子園に出場できるのは、ひと握りの野球エリートであり、大多数の高校球児もそれはわかっているだろうが、青春の1ページに「甲子園を目指して頑張った」という思い出を刻みたいに違いない。というわけで当面は高校の野球部員数が大きく減ることはなさそうだ。

 ただし、その下の年代、小学生と中学生の野球離れは深刻だ。少子化の影響で、どの競技でも若年層の競技人口が減っているが、とくに野球はその傾向が顕著なのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)