写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンクC&S)は1月23日、産業インフラへのサイバー攻撃による情報漏洩リスクの高まりなどを背景に、IoTデバイスの保護に特化したセキュリティ製品を提供する米ZingBoxと販売代理店契約を締結し、法人向けのIoT特化型セキュリティソリューション「ZingBox」の取り扱いを2017年2月10日より開始すると発表した。

同ソリューションは、IIoTデバイスとその通信の状況を可視化することができるもので、マシンラーニング技術によって、監視対象のネットワーク内に存在するIoTデバイスの棚卸し、分類、動作把握を自動で行い、リアルタイムでの異常検知やリスク管理を実現する。

対象産業分野は以下のとおり。

1. 製造業
2. 医療/ヘルスケア
3. 一般企業
4. ビル、商業施設
5. 金融
6. 重要インフラ

なお同社では今後、ZingBoxをはじめとしたさまざまなIoT関連商材・サービスの提供を行っていく予定としている。