起用理由は「笑いのエッセンス」
と「素敵な笑顔」

写真拡大

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建とタレント・モデルの佐藤栞里が、TBSの情報バラエティ番組「王様のブランチ」の新MCを務めることがわかった。現MCの谷原章介&新川優愛からバトンを継ぐ2人は、4月から同番組に登場する。

 今年で22年目を迎える「王様のブランチ」は、書籍、映画、グルメ、物件などのトレンド情報を扱い、土曜ブランチタイムの顔とも言えるコンテンツに成長した人気番組。毎週、約4時間半にわたる生放送に臨むことになるが、渡部は「歴史ある番組に抜てきしていただいて大変光栄です。(相方の)児嶋という足手まといもいないので、精一杯がんばっていきたいと思います」と毒舌交じりにコメントを寄せる。生放送のMCに初挑戦する佐藤は「正直、今は不安でいっぱい」だそうだが、「共演者のみなさんやスタッフのみなさんのお力をお借りしながら、見てくださる方に笑顔になってもらえるような、そして生放送ならではの多少のハプニングも楽しんでもらえるような番組になったらいいなと思います」と意気込んでいる。

 プロデューサーの平賀渉氏は、2人の起用理由を発表。渡部を「グルメはもちろん、音楽やスポーツなどにも精通し、あらゆる情報に敏感でかつその情報を的確に伝えられる、そしてさらに笑いのエッセンスを盛り込むことができる、今の『王様のブランチ』にとってこれ以上ない、待ちに待った司会者です」と評し、佐藤には「老若男女問わず、その素敵な笑顔で日本国中を魅了し、土曜日の朝にひときわ爽やかな潤いを与えてくれると確信しています」と述べている。

 「王様のブランチ」は、TBSで毎週土曜午前9時30分に放送。