どうしても“全員即死”ボタンが気になっちゃうグルート
 - (C)Marvel Studios 2017

写真拡大

 1970年代を中心にヒットした数々のナンバーに乗せ、異色ヒーロー集団が大暴れするアクションシリーズ第2弾『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』から特報が公開され、ベビー・グルートの最強に無邪気でかわいい姿がお披露目された。

 お調子者のトレジャーハンター“スター・ロード”ことピーター・クイル(クリス・プラット)が、刑務所で偶然出会った凶暴なアライグマのロケット(声:ブラッドリー・クーパー)、樹木のベビー・グルート(声:ヴィン・ディーゼル)、美しき女暗殺者のガモーラ(ゾーイ・サルダナ)、どこか抜けている怪力の破壊王ドラックス(デイヴ・バウティスタ)をまとめあげ、銀河の危機を救うべく大奮闘するさまを描く本作。

 この度公開された特報は、チームが迫りくる敵と交戦する最中、強大な破壊力を持つ爆弾のセットを託されるベビー・グルートの姿で始まる。アライグマのロケットに、爆弾を即起動させてしまう“全員即死”ボタンを絶対に押してはいけないと懸命に説明されるも、ベビー・グルートは唯一話すことができる言葉「ボクはグルート」を復唱しながら、笑顔で“全員即死”ボタンばかりを指差しする……。

 そして、今回もノリノリの音楽に乗せてガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーたちがド派手なバトルを繰り広げるシーンも映し出される。最後にはロケットが目を離した隙に、「ボクはグルーーート!!!」と笑顔で叫びながら“全員即死”ボタンを持って走り去ってしまうベビー・グルート。この無邪気な最終兵“木”は銀河を救うことができるのか。つぶらな瞳がとにかくかわいいベビー・グルートの活躍に期待が高まるばかりだ。(編集部・石神恵美子)

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は5月12日より全国公開