23日、中国から韓国に渡って美容整形手術を受ける動きは過去にも注目されてきたが、近年は中国国内市場の成長を背景に韓国の医師が次々と仕事の場を中国に移している。写真は中国の美容整形の広告。

写真拡大

2017年1月23日、参考消息網によると、中国から韓国に渡って美容整形手術を受ける動きは過去にも注目されてきたが、近年は中国国内市場の成長を背景に韓国の医師が次々と仕事の場を中国に移している。

香港・東方日報によると、美容整形技術が発達した韓国は中国人のメディカルツアーで人気の目的地となっている。美容整形業界が急速に成長した中国国内で手術を受ける人も増えているが、この一方で手術ミスが頻繁に発生。高い技術力を持つとされる韓国人医師を招聘する中国の病院は多く、内陸部の四川省成都市で働く裴柄万さんもそのうちの1人だ。

裴さんは韓国で10年の経験を持つ医師で、2015年10月から病院長として成都で勤務している。毎日平均3件の手術を行い、この1年余りの間に担当した患者は1000人以上。市場成長の見込みが大きい中国に留まる計画を立てており、家族も成都に呼び寄せたという。

国際美容外科学会(ISAPS)の報告によると、2010年に227億元(約3800億円)だった中国の市場規模は15年までに622億元(約1兆300億円)に拡大している。また、中国産業信息網は「医師の数、美容整形に対するニーズにおいて中国はすでに日韓を抜き、米国、ブラジルに次ぐ世界3番目の市場になった」と報告している。(翻訳・編集/野谷)