23日、中国メディアの新浪はトランプ大統領のジェスチャーの意味について分析した日本の専門家の意見を紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年1月23日、中国メディアの新浪はトランプ大統領のジェスチャーの意味について分析した日本の専門家の意見を紹介する記事を掲載した。

トランプ大統領は、就任演説の時に「OKサイン」のようなジェスチャーを多用していた。日本の専門家は、このジェスチャーには選挙中はライバルがいたが大統領になって不安が徐々になくなり、どんどん調子が上がっている状態を示していると分析したという。

また別の専門家は、一種の指揮棒のようなもので、話にリズムをつける作用があり、情に訴えて話すような時によく見られると説明したという。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「観音様と同じだな」
「専門家に何が分かるというのだ?お釈迦(しゃか)様のまねをしているだけじゃないか」

「手品師はみんなこうだ」
「これは女性のようなジェスチャーだ。自信がなく不安な様子を表している」

「我慢ならないという意味だ」
「科学的な角度から言えばこれはOKではなく、一種の野心のジェスチャーだ。なんで日本人は適当なことを言うんだ?」

「この人の口はいつもO型だと思う」
「日本人はトランプ氏の一挙手一投足に注目しているんだな」

「蘭花指(中国伝統劇の女役の手の型)じゃないだけまし」
「てっきり蘭花指なのかと思っていたよ」(翻訳・編集/山中)