マクラーレンは、3月7日に開幕するジュネーブモーターショー2017において、新型スーパーシリーズのデビューを予告。ティーザー写真とともに情報を公開しはじめているが、ここでは先日公開されたカーボン製モノコックについてお知らせしよう。

 

ドライビング環境や乗降性も向上

マクラーレンのスーパーシリーズは、従来の「650S」や「675LT」が属すクラスで、ライバルはフェラーリ488 GTBやランボルギーニ・ウラカンといったいわゆるスーパーカー。その新型に用いられる第2世代のカーボンモノコックは「モノケージ供廚噺討个譟△海譴泙念幣紊帽發ざ度を持ち、ボディの軽量化に貢献する構造。これにより1283kgに抑えられる乾燥重量は、650Sより18kg軽くなるという。

モノケージ兇虜陵僂巴太犬垢訖祁深屬蓮▲疋薀ぅ峪の視認性が高まるほか、サイドシルの位置が低くなりドアの開口部が拡大するなど、ドライビング環境や乗降性が向上。同時にボディの低重心化にも寄与しており、よりダイナミックなパフォーマンスを実現しているとのことだ。