素足に黒ローファー。足もとから春へスライドする

写真拡大

@fashionpic1224が投稿した写真 -

@fashionpic1224が投稿した写真 -

ショッピングは、もはやオンラインでするのが当たり前。

年も明け、そろそろファッションにも新しい風を吹き込みたい。

でも、実際はまだまだ寒い日が続いているし、本格的に春服を登場させるのはもう少し先のようです。

それなら、小物使いが腕の見せどころ。

たとえば、シューズ。重たくなりがちなコートスタイルは、足もとを素足にローファーでスタイリング。

それだけで、気分が春へとちょこっとスライドします。

足もとから、春を誘う

@fashionpic1224が投稿した写真 -

ボリュームコートで暖かさはキープしつつ、足もとに素肌をチラリ。

どんなコーディネートも上品な印象に落とし込んでくれるローファーなら、冬のキリリとした空気にも溶け込みつつ、新鮮な装いが完成します。

オーソドックス派は、「HARUTA」

HARUTA / 4,860円(税込)

学生のときに履いていたローファーのブランドも「HARUTA」だっけ。昔から変わらないベーシックなデザインは、私服と合わせてもすんなりと馴染みます。

大人になったいまは、自分のスタイルに自分らしく取り入れたい。

>>このローファーが欲しい

ツヤっぽい質感で、感度を上げて

20170123_zozo02.jpgOdette e Odile / 18,360円(税込)

ガラスのようなツヤ感で、コーディネートのランクを高めてくれる一足。

女性らしいほっそりとしたシルエットで、マニッシュなコーディネートに合わせてもフェミニンなエッセンスを香らせます。

>>このローファーが欲しい

ノーブルな魅力のビットローファー

20170123_zozo03.jpg

UNITED ARROWS / 38,880円(税込)

ほどよい存在感のゴールドのビットが、エレガントさをプラス。

クラシックなデザインは、これからもずっと長く愛用したくなります。だからこそ、選びたいのは上質なイタリア製。

>>このローファーが欲しい

コンテンポラリーなデザインで変化をつける

20170123_zozo04.jpg

FABIO RUSCONI / 27,000円(税込)

ベーシックなローファーを発展させたフォルムは、どんなボトムもスタイリッシュに昇華してくれます。

エナメルをクラッシュさせたようなナプラック加工で、上品かつ印象的な仕上がりに。

>>このローファーが欲しい

シューズコレクションに一足は欲しい、ローファー。

お気に入りを見つけたら、思い切って素足を通して、冬の街へ。

ふわっと、新しい風が舞い込んできそうです。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

・グレーな東京には、アイスブルーのハイウエストデニムが映える

・脳とろけそう「音」に注目の癒し動画 #sponsored

・「距離感」の上手い人がやっていること #sponsored