『君の名は。』 (C)2016「君の名は。」製作委員会

写真拡大

昨年8月26日の公開初日以来メガヒット中。日本国内の興行成績も1月22日までの150日間で観客動員1815万人、興収235億円を突破し、今なお記録更新中の『君の名は。』が、韓国で公開された日本映画の歴代観客動員新記録を打ち立てたことがわかった。

興収224億円と大ヒット中の『君の名は。』が韓国でも首位デビュー!

これまで韓国での記録を保持していたのは宮崎駿監督の『ハウルの動く城』(2004年12月23日韓国公開)。この作品がもつ観客動員301万人(興収約14億円)という記録を抜き、1月22日までの公開19日間で動員305万2179人(興収約23.9億円)と新記録を樹立した。

『君の名は。』は『ハウルの動く城』以降、韓国で公開された日本映画として13年ぶりの初登場第1位作品となっていたが、これで観客動員数でも日本映画として第1位になった。

【韓国での歴代日本映画動員ランキングTOP5(Korean Film Council調べ)】
■第1位:君の名は。(305万人、約23.9億円)
■第2位:ハウルの動く城(301万人、約14億円)
■第3位:千と千尋の神隠し(220万人、興収データなし)
■第4位:崖の上のポニョ(150万人、約6.8億円)
■第5位:ラブレター(140万人、興収データなし)