映画『傷だらけの悪魔』に出演する乃木坂46の伊藤万理華 (C) 2017 KIZUAKUフィルムパートナーズ

写真拡大

足立梨花主演で、世界累計ダウンロード数2000万を超えるマンガアプリ「comico」で連載中のコミックを実写映画化する『傷だらけの悪魔』。この映画に新たに、伊藤万理華(乃木坂46)が出演することがわかった。

[動画]映画『傷だらけの悪魔』予告編

本作は、女子高生のいじめをテーマにした作品。東京から田舎の高校に転校してきた葛西舞(足立梨花)は、自分のグループからいじめられていた中学時代の同級生・小田切詩乃(江野沢愛美)と再会し、詩乃の策略によって自らがいじめの標的にされてしまう。次第にエスカレートするいじめに挫けそうになり、一度、東京へ戻った舞は、東京で暮らす親友のマリコ(伊藤万理華)の言葉を聞き、ある決心をするというストーリー。伊藤が演じるのはこのマリコ役で、物語のターニングポイントとなる重要な役柄だ。

その伊藤は本作出演について「原作も知っていて、山岸監督で映画化するのも楽しみにしていた作品なので出演できて光栄です。マリコは、映画でしか見られないキャラクターです。心をえぐられるシーンが多い中で唯一、中和剤のような部分になります。撮影は一日だけでしたが、とても楽しかったです」とのコメントを寄せている。

『傷だらけの悪魔』は2月4日より角川シネマ新宿ほかにて全国公開となる。