三宅弘城

写真拡大

『小河ドラマ 織田信長』が3月25日に時代劇専門チャンネルで放送される。

【もっと画像を見る(3枚)】

細川徹が監督・脚本を手掛ける同作。現代に現れた織田信長が、ドラマ『連続時代劇 織田信長』の脚本を史実ではあるがコミカルなエピソードばかりの物語に勝手に書き換え、現場を混乱に陥れる様を描く。

信長役を演じるのは三宅弘城。信長に振り回される新人ディレクター役を松井玲奈が演じるほか、劇中劇の『連続時代劇 織田信長』で信長役に抜擢された若手芸人役を秋山竜次(ロバート)が本人役で演じる。

なお同作は3月に東京・渋谷のユーロスペースで1週間限定で上映される予定。詳細はオフィシャルサイトの続報を待とう。

■細川徹のコメント
信長が、死んでから435年。今まで、たくさんの信長ドラマがありましたが、その中でも、屈指のどうでもいい信長ドラマだと思います。三宅さん、松井さん、秋山くんという確実に面白くなるキャストたちと寒い冬の撮影がんばります。

■三宅弘城のコメント
まさか自分が信長を演じるとは思いませんでした。細川さんと共演者の皆さんとで、「小河ドラマ」の名に恥じぬよう、今までに見たことのないスケールの小さな信長を作れたらと思います。
いや、できますねこれは。撮影が楽しみです。

■松井玲奈のコメント
この度コメディの大先輩方と共演することになりました。
沢山勉強させていただいて、私も人を笑わせる演技ができる役者になりたいと思います!!
私の大好きな時代劇のエキスがどんな風に入ってくるのか?!今から現場が楽しみです。