by 401(K) 2012

政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するというのが「ベーシックインカム」の構想です。2017年1月17日(火)から行われた世界経済フォーラムでもベーシックインカムについて議論が行われており、「なぜ国はベーシックインカムを導入すべきなのか」をライターのScott Santens氏が語っています。

Why we should all have a basic income | World Economic Forum

https://www.weforum.org/agenda/2017/01/why-we-should-all-have-a-basic-income/



◆もし人口100人の国でベーシックインカムを行ったら

ベーシックインカムを行っていない、100人の国民がいる「A国」があると仮定します。A国には国民100人に対し仕事が80個しかありません。労働人口の半数は自分の仕事に満足していますが、残りの半数は「自分は仕事に向いていない」と考えながらも「無職よりマシ」と働き続けています。そして、仕事がない20人のうち10人は「仕事がしたい」と考えていますが、「働きたくない」と考えている人によって仕事の枠が埋まっているので、働きたくても働くことができません。



ベーシックインカムは上記のような仕組みを解決する手段になりうる可能性があります。最低限の生活を送れる保障を得ていると、仕事の環境や賃金から「働きたくない」という人が仕事を断ることができ、空いたポストに「働きたい」と考える人がつけるわけです。また、お金に困窮していると労働者は我慢して働かざるを得ませんが、生活が保障されていれば労働者が雇用者に対して交渉する余地もできます。

ベーシックインカムを行うB国において、「国民100人に対して仕事が80個」という条件はA国と同じです。しかし、働きたくない40人は労働市場に背を向けることが可能なので、働きたい50人は確実に職を得ることができます。また、働いている50人も金銭的な余裕があるので雇用者と交渉でき、よりよい労働環境を作り出すことが可能。そして、いったん労働市場に背を向けた40人は、スタートアップを起業することもできます。



◆ベーシックインカムにかかるコストはどのくらいなのか?

例えば、アメリカに全ての住む大人に対し年間1万2000ドル(約140万円)、子どもに対して年間4000ドル(約45万円)のベーシックインカムを支給すると想定します。このとき必要な金額は、国民に対するベーシックインカムの総額である3兆ドル(約340兆円)になるわけではありません。ベーシックインカムを支給される人が年間45万円の税金を払っていれば、実質的に得るベーシックインカムは140万円マイナス45万円の95万円になります。支払っている税金が年間230万円ならベーシックインカムはマイナス90万円だといえます。このように計算していくと、340兆円規模のベーシックインカムを実施する場合、必要になるのはその30%の9000億ドル(約100兆円)ほどになると見られています。

上記の試算は、あくまでベーシックインカムをまったく新しい独立した制度として導入する場合のもので、現行の税額控除や保障の仕組みと組み合わせると、額は変化します。

アメリカに住む多くの高齢者は社会保障制度を通じてすでに「ベーシックインカム」のようなものを得ています。そこで、高齢者は社会保障制度とベーシックインカムのいずれかを選べるようになったり、ベーシックインカムを一部だけ適用するということも考えられます。そうすることで、高齢者が得られるお金を今より少なくすることなく、100兆円規模のベーシックインカムを25兆円規模にまで縮小可能です。一方で、現行の食物・栄養支援プログラム(1080億ドル/約12兆2552億円)、賃金補助金(720億ドル/約8兆1688億円)、子ども税額控除(560億ドル/6兆3535億円)、家族のための一時的な補助(170億ドル/約1兆9287億円)、住宅ローン利息控除(年間700億ドル/7兆9419億円)などをベーシックインカム制度と統合していくべきとのこと。

具体的にベーシックインカムをどうデザインするかで費用は異なりますが、上記のように考えていくとアメリカがベーシックインカムのために増やすべき税収入は1000億ドル(約11兆4000億円)以下になると見られています。

アメリカでは収入が不十分な人を支えるためのコストが膨れあがっており、それがヘルスケアシステムや刑事司法制度、教育機関などに対する予算を圧迫しています。既存のシステムをベーシックインカム制度と統合させることには、十数億ドルという予算でこれらのシステムをよりよくできる可能性があるとのことです。

「全ての人に一定の金額を給付する」というベーシックインカムの仕組みは、多くの金銭を稼いでいる人に多くの税を課し、一方で彼らの稼ぎよりもずっと少ないお金を給付するので、一見すると無駄のある制度に見えるかもしれません。しかし、ベーシックインカムとは運転におけるシートベルトのようなもの。優良なドライバーにとってシートベルトは不要に見えるかもしれませんが、全ての事故が運転の荒いドライバーによって起こされるわけではありません。事故は時と場合によって誰にでも起こりうるものなので、「この人にシートベルトは不要」「この人には必要」と個別に判断してシートベルトの取り付けを決め、コストを削減するのではなく、お金の無駄に見えてもシートベルトは全ての車に取り付けられるのです。

◆ベーシックインカムは働く意欲を奪うのか?

また、ベーシックインカムは人々の働く意欲を奪い、働くことの妨害になるという意見もありますが、ベーシックインカムが導入された世界においても、人々は仕事の対価としての収入でよりよい生活を求めることが可能。保証されているのはあくまで生活に必要な最低限の収入であって、求める生活の形に応じてフルタイム・パートタイムなどで仕事を行い収入を得て、よりよい暮らしが行えます。ベーシックインカムはむしろ、既存の福祉制度が作り出した「働くことへの妨害」を取り除くためのものです。

過去に行われたモチベーションに関する研究では、お金という報酬は機械的な仕事においてうまく機能しますが、クリエイティブな仕事に関してはよいモチベーションにならないことがわかっています。多くの研究者が、将来、機械的な仕事はロボットが行うようになりクリエイティブな仕事が人間に残されると予想していることを考えると、モチベーションはお金ではなく「ゴール」の設定になります。



by Dimitris Kalogeropoylos

世論調査を行うGallupによると、世界的に見た時に「自分の仕事は自分にあっている」と感じている人は13%とのこと。アメリカでは70%の労働者が仕事が自分に「合っていない」と感じており、生産力低下による損失は年間5000億ドル(約60兆円)に上ると見られています。

ベーシックインカムが実現されると、労働市場の選択肢を増え、雇用者が会社を労働者にとってより魅力的であるようにする必要に迫られます。人々は仕事を移りやすくなり、再度大学に入学しやすくなり、起業もしやすくなります。また、ロボットや人工知能が発達していくことによって、単純な仕事は機械の役割になるので、「機械がやった方が安い」という仕事が生まれ、人間の行う仕事の賃金は上がります。

実際にベーシックインカムの実験はさまざまな都市で行われていますが、アフリカ南西部に位置するナミビアのある村で行われた実験では犯罪率が42%減少し、貧困世帯が減り、商売を自分で始める人が増加するといった変化が報告されています。もちろん、ベーシックインカムは問題を解決するための確実な方法ではありませんが、人が安心して生きていける経済基盤を作れば、より人間が繁栄していけるというのがベーシックインカムの考えです。