熊本、本拠地のネーミングライツ・パートナーが決定…新愛称は「えがおスタ」

写真拡大

 ロアッソ熊本は23日、ホームスタジアムである熊本県民総合運動公園陸上競技場のネーミングライツ・パートナーが株式会社えがおに決定し、スタジアムの愛称が「えがお健康スタジアム」に変わることを発表した。

 通称は「えがおスタ」、アルファベット表記は「EGAO Kenko Stadium」。契約期間は2017年2月1日から、2021年1月31日までの4年間となる。昨季までは「うまかな・よかなスタジアム(通称:うまスタ)」の名で愛されてきたが、今季から新たな愛称で親しまれることになる。