ホンダ・S660の登場やスズキ・アルトワークスの復活など、話題豊富だった2015年に比べると、2016年は新登場したのはダイハツ・ムーヴキャンバスだけでした。

一見すると寂しく感じるかもしれませんが、一部改良などを行い、日々安全装備が進化しているのが軽自動車。そこで、2017年に乗りたい最新軽自動車の個性派モデルを5台紹介します。

■ダイハツ ムーヴキャンバス

1

ツートンカラーに塗られたボディをはじめ、カワイイエクステリアデザインを採用したのがダイハツ ムーブキャンバス。

すでにダイハツにはタントやウェイクといった、リアにスライドドアを採用したスーパーハイトワゴンがラインアップされています。これらの車種はファミリィ層をターゲットにしているのに対して、ムーブキャンバスはパーソナルユースがメインというコンセプトの新しいモデルなのです。

ストライプスとよばれる2トーンボディをはじめ、ボディカラーに合わせてファインミント、ミストピンク、マイルドモカの3色のインテリアカラーを用意するなど色へのこだわりが特徴です。また、リアシート下には「置きラクボックス」というムーヴキャンバスだけの収納スペースを確保しています。

上級グレードにはハンドルの操作に合わせて、ヘッドライトの照射方向を変えるBi-Angle LEDヘッドライトをはじめ、レーダーレーザーとカメラを採用した衝突回避システム「スマートアシストII」を採用しています。低速時に前後の障害物を認識すると、エンジン出力を抑える誤発進抑制制御機能や、先行車との衝突時に被害を軽減させる衝突回避支援ブレーキ機能などによってドライバーを支援してくれます。価格は118万円〜166万8600円です。

■ホンダ N-BOXスラッシュ

2016年軽自動車で最も販売台数が多かったのがホンダN-BOX。シートアレンジなどユーティリティの高さはそのままに、6種類のカスタマイズされたインテリアをラインアップしたのがN-BOXスラッシュです。

エクステリアではルーフをチョップトップし、N-BOXに比べて約100mmダウン。リアドアはスライドドアからヒンジ式へと変更されています。インテリアでは8つのスピーカー+サブウーファーとで低音から高音までクリアなサウンドが楽しめるサウンドマッピングシステムを採用しました。

加えて、N-BOXスラッシュはアグレッシブで大胆なダイナースタイルをはじめ、アウトドアの雰囲気が漂うトレッキングスタイルなど、ユーザーがくつろげるこだわりの空間を演出することができます。

ボディカラーもモノトーンだけでなくツートンも用意され、最大23色のカラーから選ぶことができます。価格は132万円〜184万円です。

■スズキ ハスラー

SUVテイスト溢れるエクステリアデザインとワゴンR譲りの利便性の高さを両立したスズキハスラーも実力派の1台。「Sエネチャージ」というモーターがアシストするモデルも設定され、燃費性能も高くストレスフリーの走りが魅力です。

発売は2013年12月ですが、一部改良を行いアップデートすることで高い商品力をキープしています。一部グレードには2つのカメラを搭載した衝突被害軽減システム・デュアルカメラブレーキサポートを搭載しています。2つのカメラが人の目と同じように対象物の距離や形を認識し、歩行者やクルマを判別します。さらに左右の車線を認識するので、高速走行時のふらつきや車線逸脱をドライバーに知らせることで、負担を軽減してくれます。

ほかにも、フロント・リア・左右両サイドの計4箇所に設置したカメラによって車両周辺の映し出し、駐車などを支援する全方位モニターも設定。クルマを真上から見下ろしたような俯瞰映像、前方/後方ワイド映像など、見えない部分をナビ画面で確認できます。価格は107万8902円〜163万800円です。

■ダイハツ ウェイク

ボディや排気量に制限のあるのが軽自動車です。その中で最も大きなボディをもつのがダイハツウェイクで、全高は1835mmを誇ります。広大な室内空間には、畳むとテーブルとして使用できる助手席をはじめ、助手席の前には大型インパネトレイ、運転席の前にはインパネアッパーボックスなど数多くの収納スペースを確保しているのが特徴です。

ウェイクのシート表皮はすべて撥水加工が施されています。さらにリアシートのラゲージ側は防水加工となっているので、濡れた荷物も気にすることなく積載できますし、飲み物をこぼしたとしてもサッと拭き取れるので安心です。

また、レジャーエディションというグレードには上下2段調整式デッキボードをはじめ、ユーティリティフックや固定ベルトなどを標準装備。自分の使い方に合わせて車内を自由にカスタマイズ可能です。

フロア高は365mmと乗り降りしやすく、アイポイントはミニバン並の高さで広い視界を確保しているウェイクですが、安全装備もムーヴキャンバスと同じ「スマートアシストII」を装備しています。価格は135万円〜184万1400円です。

■ホンダ S660

2015年に登場して、話題となったミッドシップ2シーターオープンカーのホンダS660。2017年になってもその注目度の高さは変わりません。ホンダアクセスや無限といったメーカー直系のワークスブランドから様々なカスタマイズパーツが発売されたことで、さらにS660の楽しみ方は幅広くなっています。

元々ボディ剛性の高いS660ですが、サスペンションを変更することでコーナリング速度が高まり、まるでエンジンパワーが高まったように思えます。S660の素晴らしいところは、MT車はもちろん、CVT車でもミッドシップを活かした鋭いコーナリング性能を誇る点。まさに、小さなスーパーカーといえるでしょう。価格は198万円〜218万円です。

(萩原文博)

今すぐ手に入れて2017年を走りたい!注目の軽自動車・5台(http://clicccar.com/2017/01/23/438251/)