期待させんなよっ!! 男性がイラつく「恋の駆け引き」6つ!

写真拡大

恋の駆け引きはとっても難しいもの。駆け引きというだけあって、押すときもあれば、引くときもある……。その見極めがとっても難しいんですよね…。その一方で、男性側では、女性のそんな駆け引きの方法に、イライラすることもあるのだとか。では、実際にどんな言動にイライラするのか、男性たちに答えを教えてもらいましょう。

(1)返事が来ない……

・「3回に1回、連絡が途絶えること」(33歳/商社・卸/営業職)
・「LINEの返信をわざと遅らせる。脈がないと思ってしまうからやめてほしい」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

相手をじらすために、わざとLINEやメールの返事を遅らせる人もいますね。じらされていると判断せずに、「脈ナシ」と即判断して、次の女性のところへアプローチしてしまうかもしれないので要注意。

(2)はっきりと断らない

・「明確に断らない。いいとも悪いとも言わずキープしてくる」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

こちらもじらしているつもりでしょうが、男性側からすると、優柔不断な態度にイライラが募るだけかもしれません。不誠実に取られかねない態度は避けたほうがいいですね。

(3)彼氏がいるの? いないの?

・「彼氏がいるようなそぶりをしてあおるのはウザかったような記憶。遠い記憶」(38歳/自動車関連/事務系専門職)
・「他の男性の存在をちらつかせる女性。はっきりってイライラする」(34歳/金融・証券/専門職)

他にも男性が身の回りにいる、と見せかけるのも確かに恋のテクニックですが、「ライバルがいるならいいや」と諦めてしまったり、気持ちを試されているような行為に腹を立てたりする人もいます。

(4)次のデートが……

・「次のデートの話をしていて、決まる寸前でいつも急に、『予定や仕事が入っていけなくなった。ごめん』というのが何回かあったとき。正直疑いたくなかったけど、続くと駆け引きなんだろうと感じた」(26歳/自動車関連/営業職)
・「デートに誘ったときに、二つ返事でOKをくれるのでなく、じらした揚げ句に最終的にOKを出す。時間がもったいないから、OKならすぐOKを出してほしいから」(37歳/情報・IT/技術職)

デートの予定を二点三転させることで、相手の本気度を推し測ることは確かにできるかもしれませんが、デートのために忙しいスケジュールを何とか空けた男性にとっては、思いやりのない行動に捉えられてしまうかも……。

(5)返事を催促

・「メールやLINEの返信を、仕事中にも関わらずすぐに求めてくる」(35歳/食品・飲料/営業職)
・「『何で電話出てくれないの?』っていう感じのメールが多い」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

返事を遅らせるだけではなく、返事の催促をすることで相手の思いもわかるかもしれません。でも、男性側の都合を考えていない時間帯などにそれをするのはアウトでしょう。

(6)告白はしない

・「グイグイくる割には自分からは告白してこない」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

「告白は男性側にしてほしい」と思っている女性は非常に多いそうですからね。こちらの気持ちに気づき、「付き合ってもいい」と思っているのなら、男性のほうに告白してほしいもの。

■まとめ

良かれと思ってやっている恋の駆け引きも、もしかしたら、男性たちにとっては、「いい加減にしろ!!」と怒りたくなるような行為なのかもしれません。駆け引きの方法を考えるのは重要でしょうが、何よりもまず、彼の心を考え、思いやりを持つところから始めたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数129件(22〜38歳の働く男性)