エスナイデル監督もがっくり…ジェフ千葉、「オウンゴール」が残念すぎる

写真拡大

今年も開幕になったJリーグ主催のプレシーズンカップ「Jリーグ DAZNニューイヤーカップ」。

昨年までは放映権を持っていた『スカパー!』の名が入っているが、今年からは新たに『DAZN』の名がついた。

3年目となる今回大会は沖縄、宮崎、鹿児島で開催に。22日、沖縄県の糸満市西崎陸上競技場でジェフ・ユナイテッド千葉対FC琉球の試合が行われ、“ホーム”の琉球が1-3で勝利した。

アルゼンチン人フアン・エスナイデル新監督を迎えた千葉は、J3のチーム相手にまさかの黒星。その3失点目は、ショッキングな内容であった。

1-2で迎えた50分、味方からパスを受けた熊谷アンドリューは自陣の真ん中あたりからバックパス。

するとこれが大きく弾み、強い風に乗ってスピードを強めながら自陣ゴールへ。バックパスへということでGK岡本昌弘もキャッチすることができず、そのままゴールとなった。

まさかのプレーに岡本とエスナイデル監督はこの表情…。

熊谷アンドリューはこの冬ジェフ・ユナイテッド千葉へと期限付き移籍。展開力が特徴の大型ボランチだが、らしからぬ軽率なプレーで失点に繋がるプレーをしてしまった。

千葉は25日(水)に北海道コンサドーレ札幌と、琉球は28日(土)に札幌とそれぞれ対戦する。