イッツァ・ミー! マーリオ!

『スーパーマリオ64』から26年間もマリオの声を演じ続けている俳優/声優のチャールズ・マーティネーさん。マリオの他にもルイージやワリオにドンキーコングなどなどの任天堂ゲームでずっと声優を続けている方として知られています。

そんなマーティネーさんが、どのような経緯でマリオの声を演じることになったのかを振り返る動画が公開されたのでご覧ください。



こちらはGameTyrantが取り上げたGreat Big Storyの動画でした。

ドラマや企業ビデオなどに出演する俳優として活動していたマーティネーさんは、『スーパーマリオ64』のオーディションでは終了ギリギリに滑り込み、即興でブルックリンに住むイタリア人配管工を演じたとのこと。しかし、テープが終わるのでとオーディションは途中でお終いに。半ば諦め気味で帰路に着いたマーティネーさんですが……合格の電話を貰った瞬間から、今日まで26年間マリオを続けています。


170123_mario_voice.jpg


今でも彼のもとには世界中からファンレターが届きます。子供時代に父親とマリオで遊んだ人が、「今は自分の子供とマリオで遊んでいます」と世代を超えて楽しんでいる様子が綴られることもあるそうです。

とにかく楽しむのが人生のモットーだというマーティネーさん。そんな彼が演じたからこそ、あの陽気なマリオは今でも愛されているのかもしれません。

・クリエイター必見。任天堂・宮本茂さんのゲーム哲学
・新しい「遊び」のスタイルが見えてきた。Nintendo Switchを体験!

image: YouTube
source: GameTyrant, YouTube

(岡本玄介)