子育て世帯に実施したインタースペース社のアンケート調査結果

写真拡大

家族全員で朝食を取る子育て世帯は2割未満、というアンケート結果が出た。朝食の準備に15分以上かけない母親は7割を超えた。

インターネット調査会社のインタースペース(本社・東京都新宿区)が、運営する女性向け育児情報サイト「ママスタ」内で実施した結果を2017年1月23日に発表した。

朝食の準備に「15分以上かける」のは24.3%

アンケートは2016年12月27日〜17年1月4日、夫・子ども(一番下の子が1歳以上)と同居中の「ママスタ」を利用する既婚女性853人を対象に行った。

「平日、自宅で朝食を取る時、主に誰と食べているか」の質問に、「家族全員で」と答えたのは19%だった。「あなたと子どもで」は51.2%だったが、「子どもだけで」や「全員バラバラで」を含む「その他」も29.8%だった。

「朝食の準備にかける時間」を尋ねた質問は、「5〜15分」が60.8%おり、「5分未満」は14.9%という結果だった。「15分以上」かけるのは24.3%だった。

「食事を用意する際に家族に申し訳ないと感じるものは何か」の質問には、73.2%が「(カップラーメンなどに)お湯をかける」という行為を挙げた。他に「(スーパーやコンビニの惣菜を)そのまま出す」を71.0%、「(冷凍ピザや冷凍パスタなどを)レンジでチンする」も57.2%が挙げている。