ハイライフ提供

写真拡大 (全2枚)

(台北 23日 中央社)台湾のコンビニチェーン、ハイライフ(萊爾富)は23日までに、旧暦大晦日にあたる今月27日の午後7時から9時までの2時間、店舗の営業を休止すると発表した。同社によると、台湾全土の1300店舗のうち、1000店舗が一時休業を決めている。旧暦大晦日の一時休業は台湾のコンビニチェーンとしては初。

旧暦大晦日の夜は、一家団らんで食卓を囲み、縁起担ぎの食材などを使った年越し料理(年夜飯)を食べる風習がある。同社は「一年間24時間営業のために頑張ってくれた従業員にゆっくりと腰を下ろしてもらい、会社が提供する年夜飯を仕事仲間や家族と楽しんでもらえれば。大部分の人々と同様、一年の中で貴重な時間に団らんの時間を過ごしてもらいたい」と説明している。

顧客に対しては同社の方針への理解を求めた上で、店舗を利用する必要がある場合は午後7時前または午後9時以降に来店するよう呼び掛けた。

(陳政偉/編集:名切千絵)