【WRC開幕戦】トヨタ18年振りの参戦でいきなり2位フィニッシュの快挙!

写真拡大 (全12枚)

ラトバラがヤリスWRCで2位表彰台を獲得

2017年シーズンのWRC開幕戦、ラリー・モンテカルロが行われ、「ヤリスWRC(日本名ヴィッツ)」で今季から復帰参戦したトヨタが、2位でフィニッシュした。


トヨタは2017年から「TOYOTA GAZOO Racing」としてWRCに参戦。これはトヨタとして18年振りのWRC復活となる。ラリー・モンテカルロにはヤリ-マティ・ラトバラ(10号車)とユホ・ハンニネン(11号車)がステアリングを握り、2台がエントリー。

チーム代表は4年連続でWRCチャンピオンに輝いたことのある、トミ・マキネンが務めている。


ラトバラは、デイ4でオット・タナク(フォード)のエンジントラブルもあり3位から2位へ浮上。復帰戦でいきなり2位表彰台という快挙を成し遂げた。

ハンニネンはデイ2で木に衝突するというアクシデントでリタイヤ。マシンを直してデイ3では再出走し、16位で完走している。


優勝はセバスチャン・オジェ(フォード・フィエスタ)で、4回目のモンテカルロ制覇を成し遂げた。