“マッサージ”の部分を“パックンチョ”にして読むとセクシー!?dTVの「トゥルルさまぁ〜ず」最新話が配信中/(C)BeeTV

写真拡大

映像配信サービス「dTV」のバラエティー「トゥルルさまぁ〜ず」の最新話(♯502)が配信中。

【写真を見る】寄せ過ぎな自らの回答に三村マサカズも大笑い/(C)BeeTV

視聴者から、「“マッサージ”という単語を使って文章を作った後に、“マッサージ”を“パックンチョ”に変えて読むと、不思議とセクシーな文章になってしまう」という投稿が寄せられ、さまぁ〜ず、あびる優、板野友美の4人が挑戦。

同番組でおなじみとなっている「文章フリップゲーム」は、ある単語を使って文章を作り、その単語を違う単語に変えて読むと面白い文章が生まれるというゲーム。過去に“お菓子”を“脱ぎたてのパンティー”に変えた時には、「お菓子(≒脱ぎたてのパンティー)は300円まででーす!(三村マサカズ)」など、爆笑のセクシー解答が飛び出した。

早速、三村は「マッサージ(≒パックンチョ)に行ってスッキリしよう」、大竹一樹は「昨日のマッサージ(≒パックンチョ)はハズレ」など、珍解答を連発。そんな中、板野が「“強め”より“弱め”のマッサージ(≒パックンチョ)が好き」という文章を読むと、「あら、そうなの?」と三村にいじられつい赤面してしまう。