日経平均株価、マザーズ指数ともに上昇のサインが! チャート分析によると、日経平均株価は2万円超え、 マザーズ指数もゴールデンクロス発生に期待!

写真拡大

2017年1月〜3月の日経平均株価、マザーズ指数の行方は? 今年1月4日の大発会では21年ぶりの上げ幅となった日経平均株価。冴えない動きだったマザーズも復活のサインが点灯している。では今後3ヵ月では、それぞれどのように動くと予想できるだろうか?

インベストラスト代表取締役の福永博之さんに過去のチャート分析から3ヵ月先の日経平均株価とマザーズ指数を予想してもらった(1月21日発売のダイヤモンド・ザイ3月号より紹介!)。

日経平均株価の予想
「2017年は上々の滑り出し、2万円超えも視野に!」

 2017年の大発会は21年ぶりの上げ幅となり、上々の滑り出しとなりました。2015年6月の高値から2016年6月の安値までの76.4%戻し(フィボナッチ数列に基づく値戻し比率のひとつ)に当たる1万9515円も上回りました。

 今後はこの水準を維持することができるかに注目が集まります。この水準を維持できれば2015年12月の高値2万12円を上回ることも視野に入ってきます。

 一方、現状の水準を維持できずに反落した場合は、13週と26週の移動平均線が下支えすると思われます。ただ、それを下抜けた場合の押し目買いはなるべく控えるか、買うにしても少額にとどめるなど、慎重に行ないたいところです。

マザーズ指数の予想
「2016年9月高値超えなら1100ポイント超えも!」

 ずっと冴えない動きだったマザーズ指数に少し上昇の兆しが出始めました。その兆しとは、これまでずっと下回ったままだった週足の移動平均線を、株価がすべて上回ったことです。

 ただ、52週線に関しては辛うじて上回っている程度なので要注意です。今後上昇を続け、2016年9月の高値969.2ポイントを上回れば、はっきりと高値を更新したことになり、13週線と26週線が上向きに変化し、52週線を上回ってゴールデンクロスが発生することが期待されます。

 ゴールデンクロスが発生すると、2016年4月の高値から同年11月の安値までの値幅の76.4%戻しにあたる1128ポイント近辺までの上昇の可能性も出てきそうです。

「2017年日本株&為替」の情報は、ダイヤモンド・ザイ3月号で!

 1月21日(土)に発売されるダイヤモンド・ザイ3月号の大特集は、「2017年の最強日本株」。「5万円株」や「10万円株」「高配当株」「大型株」などのジャンルにわけた2017年の主役株72銘柄を紹介している。そのほか、ジム・ロジャーズと8人のプロに聞いた「2017年の日本株&為替分析」も必見だ。

 また別冊付録は、「株主優待ランキング」! 人気の食品・飲料、食事券をはじめとしたタイプ別の株主優待銘柄(計119銘柄!)をランキング形式で紹介している。

 優待名人の桐谷さんおすすめの株主優待銘柄もたくさん公開。2017年「買い」のおすすめ株主優待銘柄をチェック! ダイヤモンド・ザイ3月号は、全国の書店やアマゾン、楽天ブックスにて発売中。