23日、国土交通省は「大雪に対する国土交通省緊急発表」を気象庁と同時に発表し、ドライバーなどに対して、あす24日にかけての大雪に警戒を呼びかけています。

発表によると、上空に強い寒気が流れ込む影響で、西日本の日本海側や北陸地方を中心に、あす24日にかけて大雪となるところがある見込みです。また、普段は雪の少ない西日本の太平洋側や東海地方の平野部でも積雪となるおそれがあります。
国土交通省は、大雪による立ち往生などに警戒が必要とし、不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、冬用タイヤやチェーンを早めに装着するよう呼びかけています。
なお、国土交通省では、大雪が予想される地方整備局において、道路交通の確保ができる対応を24時間体制で行う予定としています。

【予想降雪量】〔気象庁〕
(〜24日18:00/多い所)
・80cm 北陸地方
・70cm 中国地方、東北地方
・60cm 近畿地方
・50cm 関東甲信地方
・40cm 東海地方
・30cm 四国地方、北海道地方

※ライブドアニュース配信記事・写真の無断転載を禁じます。