第89回アカデミー賞のノミネート入りも期待される『君の名は。』
 - (C) 2016「君の名は。」製作委員会

写真拡大

 現地時間1月4日に韓国で公開されたアニメ映画『君の名は。』が、『ハウルの動く城』(2004年12月23日韓国公開)を抜いて観客動員数305万2,179人、興行収入記録23億9,000万円を突破し、同国で公開された日本映画の記録を塗り替えた。

 日本をはじめ台湾、香港、タイ、中国、韓国とアジア圏の週末映画ランキングで6冠を達成し、中国・タイ・台湾では現地で公開された日本映画として歴代ナンバーワンの興収を記録した本作。韓国では『ハウルの動く城』以来13年ぶりの日本映画首位デビューを果たし、同作の動員数301万人、興行収入約14億円を更新。現在125の国と地域で海外配給が決定しており、4月7日には北米で公開される見通しだ。

 2016年8月26日に公開された本作は、現在日本では興収235億6,115万800円、観客動員数1,815万3,090人を記録。邦画作品の歴代興収ランキング1位の『千と千尋の神隠し』(304億円)にどこまで迫れるのか。なお、本作は第89回アカデミー賞長編アニメーション部門の選考対象27作品に選出されており、1月24日(火)にノミネーションが発表される。(編集部・石井百合子)