今大会出場の無かった松山英樹だが2位をキープした(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

米国男子ツアー「キャリアビルダー・チャレンジ」終了時のFedExCupポイントランキングが発表され、同大会でツアー初優勝を挙げたハドソン・スワフォードが6位に浮上した。
【関連写真】イ・ボミに続きあの女子プロが石川遼出場試合を観戦!
トップは変わらずジャスティン・トーマス(米国)。松山英樹は2位につけている。
また、同大会で2017年をスタートさせた石川遼は101位となっている。
最新の順位は以下のとおり。
1位:ジャスティン・トーマス(1,614point)
2位:松山英樹(1,177point)
3位:パット・ペレス(754point)
4位:ブレンダン・スティール(743point)
5位:マッケンジー・ヒューズ(643point)
6位:ハドソン・スワフォード(610point)
7位:ロッド・パンプリング(560point)
8位:コーディ・グリブル(481point)
9位:ラッセル・ノックス(449point)
10位:アダム・ハドウィン(439point)
101位:石川遼(77point)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
石川遼、今季初戦を終えて「まあまあよりちょっと下(笑)」一問一答
新スイングに取り組む石川遼 スイング中の意識の置きどころは?
合宿中のイ・ボミが石川遼出場大会を観戦
【ダンロップ展示会レポ1】新「XXIO」ボールはさらに軟らかくぶっ飛びに