世界ランク5位の錦織圭(日清食品)を破ったロジャー・フェデラー(スイス)【写真:Getty Images】

写真拡大

ベスト8進出果たしたフェデラー、「彼を英雄として崇拝するファンはその躍進が見たい」

 全豪オープン4回戦で世界ランク5位の錦織圭(日清食品)を破ったロジャー・フェデラー(スイス)。第1セットを6-7で落としたものの、その後、6-4、6-1、4-6、6-3で競り勝ち、ベスト8へ駒を進めた。昨季後半戦の休養から復活を遂げつつある35歳の躍進に海外メディアも注目している。英紙「ガーディアン」電子版が「アンディ・マレーが全豪オープンで敗退し、ロジャー・フェデラーのおとぎ話が幕を開ける」と特集している。

 歴代1位となる17度のグランドスラム制覇を誇るフェデラーは昨年2月に左膝の半月板再建の手術を受け、その後、全仏オープンを欠場。1999年から続いていたグランドスラムの連続出場も途切れた。6月のウィンブルドンには出場したものの、準決勝でミロシュ・ラオニッチ(カナダ)にフルセットの末に敗戦。その際、現役引退の可能性を否定し、7月以降は治療に専念するために残りシーズンの休養を表明していた。

 年明けに復帰したフェデラーは迎えた全豪OPで順調に勝ち進み、錦織にも逆転勝ち。日本人の3年連続ベスト8入りを阻んだ。同じく4回戦では世界1位のアンディ・マレー(英国)が同50位のミーシャ・ズベレフ(ドイツ)に敗退。英紙はフェデラー自身も将来的にマレーが全豪初優勝を飾ると確信していることに触れつつ、「多くの期待に反し、このスイス人はマレーに代わり決勝に進もうとしている」とレポート。「彼を英雄として崇拝するファンは、その躍進が見たいのだ」と、テニス界のレジェンドに周囲が大きな期待を寄せている様子を伝えている。

 今大会はマレーだけでなく、世界2位のノバク・ジョコビッチが2回戦で同117位のデニス・イストミン(ウズベキスタン)に敗れる波乱が起きた。記事の中でフェデラーは「ノバクとアンディがいないのは、本当に驚きだよ」、「ミーシャ・ズベレフとデニス・イストミンが彼らを打ち負かすなんて、考えもしなかった」とコメントする一方、自身についてはコンディション次第で勝ち進む自信があることを明かしており、「2週間風邪をひいていたんだ。珍しいことではないけどね。エネルギーに満ちているよ」と語っている。

錦織にも敬意「最高の試合だった」、「僕のキャリアにとって大きな瞬間」

 また、同紙は錦織との一戦についても触れており、「観客がこのスイス人を応援する中、日本人プレイヤーが圧倒していた」、「皮肉なことに、身体的に追い込まれたのはニシコリだった」と、負傷明けで8歳年上のフェデラーが徐々に試合を支配していった様子を伝えている。

 一方、ATPツアー公式サイトでも順調な復帰を果たす35歳を特集。錦織戦の勝利が世界トップ10相手の通算200勝となり、テニス界史上初の金字塔となったことを伝えた。

 フェデラーは記事の中で錦織を「彼は全力でプレーしていた。最高の試合だったと思う。その一部分になれたことを嬉しく思うよ。彼は粘り強さを見せた。ビックポイントでもいいプレーを見せていた」と称賛し、「自分自身には落ち着くように言い聞かせていた。このためにオフの間、練習していたんだ、と。僕のキャリアにとって大きな瞬間だよ」と振り返っている。

 また、開始直後圧倒された第1セットについて、「彼が序盤にここまでいいプレーするとは予想しなかった。しばらくの間、この試合で後手に回ることになった。でも、有利になるように奮闘できた。試合にうまく集中して、自分にとっていいセットを展開できるようになった。問題は最後の最後までケイに付いていけるか。それができたので、スーパーハッピーだ」と話したという。

 記事では、フェデラーが全豪オープンで準々決勝進出を果たしたのは14年間で13度目だったことも紹介している。

 優勝候補と目された選手たちが続々と敗戦する中、再び輝きを放ち始めている35歳。2012年のウィンブルドン以来となるグランドスラム制覇まで残り3勝。世界ランク17位から復活を遂げつつある名手に大きな注目が集まっている。