ヘンリー王子は新年の休暇でメーガンを妻にできるか試した?/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ヘンリー王子の妻選びはかなりシビアなようで、ホッキョクグマの出る極寒の地で、サバイバルできるかどうかが一つの大きな基準になっているようだ。

【写真を見る】ヘンリー王子と極寒の地でキャンプした恋人メーガン・マークル/写真:SPLASH/アフロ

年明けは恋人メーガン・マークルとノルウェーで過ごしたというヘンリー王子。オーロラを見るというなんともロマンチックなデートだと思いきや、それだけではなかったらしい。

「ノルウェーにあるバレンツブルクのトロムソという町で新年を過ごしたヘンリー王子は、スヴァールバルという、人類が定住する世界最北の地に移動しました。飛行機であれば1時間半ほどですが、スノーモービルで約8時間かけて移動したようです」

「夜は、ホッキョクグマが出没する地域ですが、ホテルではなくあえてキャンプをしたんです。たった一人の冒険家を同伴させただけのかなり危険なものですが、危険な旅こそメーガンが自分の妻に相応しいかどうかを見極めるために必要としていたことだったのです」

「ヘンリー王子はいつも、『自分の妻になる人は、どんな場所に連れていっても、サバイバルできる女性でなければならない』と言っていました」と、関係者がデイリー・スター紙日曜版に語っている。

メーガンの兄が逮捕されたものの、現時点で破局のニュースは流れておらず、メーガンは見事ヘンリー王子の課したサバイバルゲームに勝ち残ったようだ。【NY在住/JUNKO】