写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ゆうちょ銀行と日本郵便は1月23日から、宮城県仙台市と熊本県熊本市において地域版Visaプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」を発行する。

○地域密着の優遇店ではポイントが2〜3倍に

地域版Visaプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」は、地域経済活性化への貢献や、キャッシュレス決済の拡大を目的としたもの。2016年11月に年明けの試行実施が発表されていた。

カードの発行は小学生を除く満12歳以上のゆうちょ通常貯金口座保有者が対象。入会金、年会費、カード発行手数料は無料で、すぐに入会・発行ができる。ただし、未成年の加入希望者は事前に親権者の同意が必要となる。

1回あたりの利用限度額は5万円、チャージ上限額は10万円。チャージ方法は指定日にゆうちょ口座からチャージを行う「指定日チャージ」と、口座振替登録をしておくことでいつでもすぐチャージができる「今すぐチャージ」、たまったポイントを使える「ポイントチャージ」の3種類がある。

ポイントサービスでは、2,000円の利用につきクレディセゾンが提供する「永久不滅ポイント」1ポイントが付与される。たまったポイントは、1ポイント5円相当でmijicaへのチャージ等に使うことができる。

なお、地域に密着したポイント優遇店での利用であれば、ポイント優遇(2倍〜3倍)が受けられる。優遇店は仙台市内では仙台PARCO&2・LoFT仙台など、熊本市内では熊本PARCO・ファミリーマートなど。なお、国内外約4,000万店のVisa加盟店(一部を除く)でも利用可能となっている。

また、1月23日から6月30日まで、サービス開始に伴う「mijica ご入会キャンペーン」を実施する。キャンペーン期間中に入会手続きが完了した人にもれなく500円分のチャージをプレゼントする。プレゼントチャージは手続き完了の翌月中旬頃、自動エントリーのためキャンペーンへの応募等は不要。