© 2016 Konami Digital Entertainment

スマホで遊戯王が遊べるアプリ『遊戯王 デュエルリンクス』。

この記事では、【カードトレーダー】の新ラインナップカード「アポピスの化身」、「貪欲で無欲な壺」、「墓守の審神者」がどのようなカードなのか解説します。

それぞれに、向いているデッキや使い方があるので、交換しようか悩んでいる方はチェックしてみてください。

アポピスの化身

パックで手に入る下級モンスターで攻撃力が高いものは、1,750の「ジェリービーンズマン」。

それより守備力が高いトークンを、相手のターンにでも召喚できる非常に強力なカードです。

アタッカーの手数を増やす役割、アドバンス召喚の素材としての役割、ビートダウン系のデッキに搭載すれば確実にデッキの強化に繋がるカードですよ。

© Twitter, Inc.

貪欲で無欲な壺

「強欲なカケラ」とは違い、発動した瞬間に2枚ドローすることができます。その代わりに、発動ターンにバトルフェイズを行えないというデメリットを持っています。

展開が非常に速い遊戯王 デュエルリンクスにおいて、バトルフェイズを行えない効果は大きなデメリットとなります。

そのため、意図的にデュエルの展開を遅らせるギミックが搭載されているデッキに積むと、最大限の効果を発揮できそうです。

墓守の審神者

召喚するだけで強力な効果を発動できる、墓守テーマのエースカードです。

墓守モンスター1体の生贄で召喚できるので、下級墓守モンスターを召喚して「エネミーコントローラー」などで守ります。その後、墓守の審神者を召喚して一気に攻め込む戦術がおすすめですよ。