ルノーのMPV「エスパス」のホイールベースが延長された、謎のプロトタイプをカメラが捉えました。

1

この試作車は約35cmほど全長が延長されており、関係者の話から、BMW「7シリーズ」やメルセデスベンツ「Sクラス」に対抗する超高級サルーンをルノーが開発している可能性があるようです。

現段階で日産とのモデル関係や、パワートレインなどは不明ですが、3.5リットルV型6気筒クラスのエンジンを搭載するフラッグシップ・4ドアサルーンが有力です。

(APOLLO)

ルノー・エスパスをストレッチした謎のプロトタイプの正体は…?(http://clicccar.com/2017/01/23/437311/)