ライブさながらの盛り上がりに圧倒された声優陣

写真拡大

 東映アニメーション60周年記念作「ポッピンQ」(公開中)の「青春、寄り道、卒業生応援上映会」と題したイベントが1月22日、東京・新宿バルト9で行われ、瀬戸麻沙美(小湊伊純役)、井澤詩織(日岡蒼役)、黒沢ともよ(都久井沙紀役)、田上真里奈(ポコン役)、石原夏織(ルチア役)、新井里美(ルピイ役)が出席した。

 ファンによる発声、歌唱、応援などが可能なイベント性の高さで、アニメ映画を中心に人気を博す“応援上映会”。サイリウムやペンライトの使用も許可されたこの日、劇場内はライブさながらの熱気に包まれ、井澤は「見たことがない景色で、ちょっと動揺しています」と色鮮やかな光を放つ客席に、驚きの表情だった。

 応援上映を前に、瀬戸によるレクチャーで、伊純が「あああああぁぁ……!」と絶叫する劇中シーンの練習が行われると、ファンは早速成果を発揮し、割れんばかりの絶叫を披露。ステージ上の瀬戸は「(声に)押されましたよ!」と思わず後ずさりし、他の声優陣も圧倒されていた。

 また、ダンスが物語のカギを握る本作にちなみ、スクリーンに「ダンスに心が躍ってきた方は、他の人に迷惑がかからない程度に体を動かして応援してください!」の注意事項が表示され、ファンの士気を高めていた。

 「ポッピンQ」は、時間をつかさどるポッピン族が暮らす“時の谷”に迷い込んだ5人の少女が、世界を救うために心を通わせ、ダンスに挑むさまを描く。「プリキュア」シリーズのダンス映像を手がけてきた宮原直樹がメガホンをとり、ライトノベル「キノ」シリーズや、ゲーム「サモンナイト」シリーズで人気を博す挿絵家・イラストレーターの黒星紅白がキャラクター原案を務めている。