2016年はACL初出場が最も大きなトピックとなった香港サッカー

写真拡大

 2016年の中国、台湾、香港の大中華圏のサッカー界を振り返ってみたい。

 まず香港サッカー界は、香港プレミアリーグの覇者東方(イースタン)の、ACL2017(AFCチャンピオンズリーグ)への初出場が決定したことが、年間最大のトピックとなった。途中、東方内部のトラブルから参加辞退騒動に発展したが、無事、大会へのストレートインを決めた。2015年の12月にアシスタントコーチから昇格した陳婉婷が、指揮官として率いる東方は、香港ではトップレベルの財政力でかき集めた、香港代表選手と外国人選手を並べて、傑志(キッチー)や南華(サウスチャイナ)らの猛追を退けて、リーグタイトルの栄冠を手中にした。

 そして陳婉婷監督は「世界で初めて男子のトップリーグを制した女性監督」として、アジアサッカー連盟の「2016年アジア最優秀女性監督賞」や、英国BBCの「2016年の世界の女性100人」に選ばれるなど、一躍時の人となった。東方はACL2017のグループGで、広州恒大(中国)、水原三星(韓国)、浦和レッズまたは川崎フロンターレ(日本)と対戦する。なお、東方の主催試合は、九龍サイドの旺角大球場(モンコック・スタジアム)で開催される。

 韓国人の金判坤監督率いる香港代表は、多くの香港帰化選手を積極的に登用して、ワールドカップアジア予選に臨んだが、最終予選進出はならなかった。また、東アジアカップ予選でも北朝鮮に惜敗を喫して、本大会への出場は叶わなかった。

 日本サッカー協会と香港サッカー協会は、2016年の12月に、両協会のパートナーシップ協定の締結を東京都内で発表した。指導者の養成、審判の育成、フットサル、および女子サッカーの分野における協力と相互実施を行なうこととなっている。

◆台湾男子代表監督に黒田和生が就任

 2016年の台湾サッカー界最大のサプライズは、4年半に渡り台湾サッカー発展の種まきに尽力していた、兵庫県滝川第二高校、ヴィッセル神戸育成担当を歴任した黒田和生氏が、台湾サッカー男子代表監督に就任したことがあげられる。香港で開催された東アジアカップの予選第2ラウンドから指揮を執り、北朝鮮、香港、グアムと戦い1勝2敗。次回大会の予選2次ラウンドの出場権を獲得した。2017年はAFCアジアカップ予選、そしてユニバーシアード台北大会での、ホストチームとしての躍進が期待される。

 大会の開催にあたり、台北市周辺の試合会場の天然芝ピッチが、FIFA公認規格を含む10面の人工芝ピッチに改修された。台湾サッカー関係者の間では、大会終了後の施設の運営について、侃々諤々の議論が交わされている。10面もの人工芝ピッチができたことにより、育成年代を含めた試合環境の創出が可能となるためだ。

 台湾の小学生年代のメジャー大会は3つ、それ以外も、各自治体、企業、街クラブが主体となって大会を運営している。その中で最大規模を誇るのが「YAMAHAカップ」である。2009年から始まった同大会は、今年で8回目を迎え、史上最多の313チームが参加した。各地区の予選を突破したチームは、来たる1月に開催される全国大会で優勝を争う。期間中は、ジュビロ磐田のコーチ・選手によるサッカー教室も開催される。

 黒田和生氏によるこれまでの活動を振り返ると、台湾サッカー発展の鍵は日本式であると考えられる。2017年は代表強化、選手・指導者育成、大会運営などで、台湾人と日本人が手を取り合い、台湾スタイルを築く飛躍の年になるに違いない。

◆中国では日本人経営のサッカースクールが増加

 最後に、中国サッカー界における、日本人監督と選手の動向について。2016年シーズンは、中国スーパーリーグで指揮を執る日本人監督と、プレーする日本人選手は共にゼロであった。トップチームの括りでは、ドラガン・ストイコビッチ監督率いる広州富力で、コーチを務める喜熨斗勝史氏と、杭州緑城のアシスタントコーチを務める小野剛氏、シーズン後半からは池田誠剛氏もトップチームに帯同した。