増田明美さんも西本氏の情熱にビックリ

写真拡大 (全2枚)

 大学駅伝シーズンを通して、本誌・週刊ポストで最新情報をレポートしてきた陸上長距離専門ウェブメディア「EKIDEN NEWS」主宰者の“博士”こと西本武司氏。その独自すぎる視点に、マラソン中継の解説の際、数々のトリビアを紹介する増田明美氏(スポーツジャーナリスト)も「本当にオタクすぎる情報ばかり」と感嘆の声をあげた。増田氏は、「週刊ポストで連載していた『EKIDEN NEWS』の詳しすぎる話』はすべて読みました」と前置きし、異色対談の口火を切った──。

増田:はっきり言っちゃいますけど、あなた相当なオタクですよね(笑い)。三大駅伝(出雲、全日本、箱根)どころか「八王子ロングディスタンス(※)」みたいなマニアックな記録会まで足を運んでる。一体、何者なの? もともとは箱根を走った選手?

【※毎年11月末頃に八王子の山奥の法政大学多摩キャンパスで開かれる日本最高峰の長距離記録会】

西本:いえいえ、ただの市民ランナーですよ。陸上オタクになったのは、9年前に自宅近くの砧公園でジョギング中、駒澤大の宇賀地強・選手(2007〜2010年に4年連続で箱根2区走者。現・コニカミノルタ)に抜かれた体験がきっかけです。緩いジョグに見えて“ついていけるかな”と追いかけてみたら、肉離れを起こして……。“あぁ、世の中にはとてつもない人がいるんだなぁ”と、心を奪われてしまった。

増田:宇賀地さんがきっかけなんだ(笑い)。

西本:自分を肉離れに追いやった奴が、箱根で2区を走っていたわけです。どこで彼を見られるんだろうと調べてみると、「関東インカレ」というレースに出るらしい。行ってみると観戦しているのは関係者ばかり、聞こえるのは野太い怒声ばかりという状況。

 面白いから当時発売されたばかりのiPhoneを使ってネット中継をしていたら、それを見た陸上ファンの人から「私も(現場に)行っていいんですか?」とか「宇賀地は日体大(記録会)にも出場しますよ」とか色々と情報が寄せられるようになり、少しずつファンの輪が広がっていったんです。

増田:そうやって現場で声援をくれる人が増えるのは本当に嬉しいことですよ。

西本:それでネット中継とかをするうちに、オタクが集まってきて「EKIDEN NEWS」になっていったんです。最初は観客が数人だった八王子LDも、動画を毎年配信していたら、去年はトラック周りに人が途切れないほどファンが集まるようになりました。

増田:すごい! 選手が記録を作るためには、応援が本当に大事なんです。私が5000mの日本記録(15分38秒)を作ったのはノルウェーのビスレットゲームズ(※)という大会で、そこは会場の一体感が凄かった。

【※毎年6月にオスロで行なわれる国際陸上競技連盟(IAAF)主催の世界最高峰の陸上レースの1つ】

 お客さんが看板をリズミカルに叩いたりして、選手の走りのテンポが上がるようにサポートしてくれるんです。最近、八王子LDでは村山紘太さん(旭化成)が1万mの日本記録を塗り替えましたけど、応援が増えた影響は大きいんでしょうね。

●ますだ・あけみ/1964年千葉県生まれ。スポーツジャーナリスト。私立成田高校在学中、長距離種目で次々に日本記録を樹立し、1984年ロサンゼルス五輪に女子マラソン代表で出場。1992年に現役引退し、解説者として数々のレースに携わる。

●にしもと・たけし/1971年福岡県生まれ。「駅伝ニュース」主宰者。本業はコンテンツプロデューサー。ツイッターアカウント名は「公園橋博士」、相棒のマニアさん(アカウント名「@EKIDEN_MANIA」)とともに全国の長距離レースを観戦。

※週刊ポスト2017年2月3日号