この記事では、iPhoneの機能制限について紹介します。

iPhoneの機能制限は、設定アプリから確認できます。

意外と知らない便利な機能がたくさんあるので、この機会にチェックしてみてください。

iPhoneのアプリアイコンを削除できなくする方法

iPhoneのアプリを間違って消してしまったことはありませんか?
アプリを削除してしまうと、バックアップや引き継ぎをしていないとデータが消えてしまいます。

お子さんにiPhoneを渡していたらアプリがなくなっていたポケットにiPhoneを入れてたらアプリアイコンが削除できる画面になっていた

そんな経験がある方も多いはず。iPhoneアプリのデータを守るためにも、しっかり設定方法を覚えておきましょう。

詳細はこちら→ 【重要】iPhoneのアプリを削除できなくする方法


iPhoneで課金・アプリインストールを制限する方法

iPhoneで課金をできないようにする・アプリをインストールできないようにする方法をお存じですか?
お子さんがいる方は、「iPhoneを渡していたら課金していた!」、「アプリがたくさんインストールされていた!」などの問題も少なからず耳にしますね。そんなときに役に立つ機能を紹介します。
iPhoneをなくしてしまった時にもセキュリティ面で安心できる機能なので、ぜひチェックしてみてください。

【iPhone小技】課金・アプリインストールを制限する方法


Safariで開けるウェブサイトを制限する方法

お子さんにiPhoneを貸す・渡すとき、心配なのがSafariです。使い方さえ知っていれば、どんなウェブサイトでもアクセスできてしまいます。
iPhoneの機能制限を活用して、Safariで開けるウェブサイトを制限しましょう。

Safariで開けるウェブサイトを制限する方法


他にも標準アプリや、プライバシー関係も機能制限できます。
iPhoneのセキュリティ向上にもつながるので、気になった方は一度iPhoneの機能制限をご確認ください。


リクエスト募集中!

AppBankでは、読者の皆さんからの記事ネタを募集しています。
お名前(ペンネーム可)を入力の上、AppBankのライターに書いて欲しい記事ネタを記入し【送信】ボタンを押して、記事リクエストを送ってください。

投稿はこちらから


リクエストページを別ウィンドウで開く