「COCOROMAKE」第1弾、電動洗顔ブラシ2種

写真拡大

 加賀電子の連結子会社のマイクロソリューションは、美容製品の自社ブランド「COCOROMAKE(ココロメイク)」を新たに立ち上げ、美容市場に参入すると発表した。第一弾として、コンパクトな静音設計の電動洗顔ブラシ「MS-CM01W」「MS-CM02」を、家電量販店や免税店などで1月末から順次発売する。

 美容関連の製品は、女性はもちろん、男性にも広がりつつある。新ブランド「COCOROMAKE」は、“心でつくる”という理念を掲げ、日々進化していく美容機器をいち早く製品化する。自宅で使うフェイスケアアイテムを中心に、国内海外に向け、「MADE IN JAPAN」にこだわった質の高い製品を展開する計画。

 フェイスリフト&クレンジングツインブラシ「MS-CM01W」は、IPX7の完全防水に対応。国内ブランドでは初となるツインブラシによるクレンジグシステムを搭載し、「洗顔しながらリフトマッサージ」するフェイスケアエステを自宅で手軽に行える。税別価格は8500円。

 音波振動クレンジングブラシ「MS-CM02」は、20万本のやわらかい毛先を備え、毎分1万回の音波振動によって、やさしく肌をクレンジングする。カラーはゴールド、レッド、ブルーの3色。税別価格は5500円。