豪華キャストが一堂に会した

写真拡大

 妻夫木聡と満島ひかりが兄妹役で共演した「愚行録」のジャパンプレミアが1月22日、東京・新宿ピカデリーで開催され、妻夫木と満島に加え、小出恵介、臼田あさ美、松本若菜、中村倫也、眞島秀和、濱田マリ、平田満、石川慶監督が顔をそろえた。

 ミステリー作家・貫井徳郎氏による直木賞候補となった同名小説を実写映画化。未解決の一家惨殺事件の真相を追う週刊誌記者・田中(妻夫木)が、関係者たちの恐るべき本性を目の当たりにする。

 「悪人」「スマグラー おまえの未来を運べ」などで共演経験のある妻夫木と満島は、本作でもハイレベルな演技対決を繰り広げている。妻夫木は「僕だけかもしれませんが、最初から構えなくてもいいのかなと思いました。お互いがつかみどころがあまりない役柄だし、はっきりこういう形にしようと考えてはこの映画ではダメだと思ったので、極力映画のことについてはしゃべらないようにしていました」と共演を振り返る。

 一方、育児放棄の疑いで逮捕された田中の妹・光子を演じた満島は、「石川監督は一体どんな映画を撮るんだろう? と、毎日期待と不安がありました。そういう不安があったので、妻夫木さんに『不安もあるけど、なんか面白い感じがするから頑張ります! 愛してるよ!』とメールしたら『愛してるよ!』って返ってきました(笑)」と仲の良さをうかがわせるエピソードを披露。満島はさらに「映画に出させてもらうようになり、こういう舞台挨拶に出るようになってずっと、しかめっ面でしか写真に写っていなくて、妻夫木さんに『ちゃんと大人として対応しないとダメだよ?』と注意されたことがあります(笑)」と語り、現場を離れても“兄妹”のような間柄であることを明かした。

 ロマン・ポランスキーらを輩出したポーランド国立ウッチ映画大学出身で、本作が初メガホンとなる石川監督は「個人的には各キャストさんが今まで見せてこなかった表情をしてくださったのが本当にうれしかったですし、満島さんもおっしゃってくださいましたが、この監督は何か新しいことをやろうとしてるのかな?という雰囲気が伝わって、それがしっかりスクリーンに焼き付いて力強い作品に仕上がったのかなと思います」としみじみ。座長を務め上げた妻夫木も「世の中には色々な種類の映画がありますが、こういった挑戦的な映画というものは必要だと思いますし、見ていただいた方に、この映画の意味って何だろうと考えてもらえたらと思います。この映画を見て、何か得たものがあったらいいなと思います」と感慨をにじませた。

 「愚行録」は、2月18日から全国公開。