写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電通は、デジタルサイネージを見やすくするデザインフォントとカラー「みんなのサイネージ」を開発したと発表した。販売開始は2月1日より。

「みんなのサイネージ」は、フォントと配色にユニバーサルデザインを取り入れ、デジタルサイネージを見やすくする表示形態。同社は、情報の見やすさ、分かりやすさが問われる現代において、街中・公共交通機関で需要が増えているデジタルサイネージにおいても、「見やすさ」はますます重要になっていくと考え、社内横断チームである電通ダイバーシティ・ラボとデジタルサイネージ媒体を取り扱うアウト・オブ・ホーム・メディア(OOH)局で、「みんなのサイネージ」を開発したという。

「みんなのサイネージ」で使用されている書体は、同社とユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)、イワタが共同で開発した、科学的基準で評価・認証されたユニバーサルデザイン・フォント「みんなの文字 R」で、カラーユニバーサルデザインに対しても配慮がされている。また、第1弾として、4月3日から都営バスのデジタルサイネージ上で「みんなのサイネージ」を利用したコンテンツが表示されるということだ。

(シマダマヨ)