モナコを中心に行われる、WRC(FIA世界ラリー選手権)の開幕戦「ラリー・モンテカルロ」。

1月19日夜にカジノ・モンテカルロ前の広場をスタート、1月22日にかけて壮絶な戦いが繰り広げられ、18年ぶりにWRCに復帰したトヨタの「ヤリスWRC」が総合2位に入賞、モナコ王宮前での表彰台に立ちました。

1

競技最終日は、モナコの北側に広がるフランスの山岳路が戦いのステージ。ラリー・モンテカルロでは、最終日に「何か」が起きることが多く、難所チュリニ峠では過去に多くの上位選手がリタイアするなど、劇的なドラマの舞台となってきました。

そうしたなか、TOYOTA GAZOO Racingから出走した10号車のヤリ-マティ・ラトバラ選手はフィニッシュまで集中力を絶やすこと無く全力で走行。

11号車を駆るユホ・ハンニネン選手も2日目のリタイアによる遅れを印象的な走りで取り戻し、16位で完走を果たしました。

トミ・マキネン チーム代表は今回の入賞に際し「我々は今シーズンを開発の年と捉えており、余り大きな期待を抱かないようにしていたが、自分たちの期待を遥かに上まわる、素晴らしい結果となった」とコメント。

WRC第2戦は、2月9日から12日にかけて開催される「ラリー・スウェーデン」。

競技車両は、長いスタッド(スパイク)が埋め込まれた特殊なスノータイヤを装着してSSを走行することになり、平均速度はWRC全戦の中でもトップ3に入るほど高いといいます。

ヤリスWRC」は過酷なラリー競技を通してさらに鍛えられ、その成果が「ヴィッツ」をはじめとするトヨタの市販車にフィードバックされることになります。

幸先の良い出足となったGAZOO Racingチーム。WRCにおける今後の戦いが大いに注目されます。

(Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

過酷なWRCラリーで戦うトヨタ「ヴィッツ」に新型登場!
http://clicccar.com/2017/01/20/438530/

18年ぶりにWRCに復帰するトヨタが「ヤリスWRC」を公開!
http://clicccar.com/2017/01/14/436231/

トヨタ・ヴィッツにハイブリッドが新設定。価格は181万9800円より
http://clicccar.com/2017/01/13/435023/

チュリニ峠を全開でカッ飛ぶモンテカルロラリーって、アンビリーバボー!?
http://clicccar.com/2013/03/08/214844/

トヨタが18年ぶりのWRC復帰初戦でいきなり2位入賞!(http://clicccar.com/2017/01/23/439596/)