「真っ向勝負」。そう表現するのにふさわしい試合だった。

 1月21日、大阪・東大阪市花園ラグビー場で「第54回・日本選手権」準決勝が行なわれ、全勝でトップリーグ制覇を果たした「社会人王者」サントリーサンゴリアスに、前人未踏の大学選手権8連覇を達成した「学生王者」帝京大学が挑んだ。

 1960年から「社会人vs.大学生」という構図で行なわれてきた日本選手権は、今年度で終了する。来年度の日本選手権から大学生枠はなくなり、トップリーグの順位決定戦を兼ねることになった。つまり、大学チームにとっては、原則的に最後の日本選手権である。

 サントリーの顔ぶれは、インターナショナルな猛者ばかり。選手のテストマッチを合計すると、シーズン後半にはなんと「360」まで到達している。そんなメンツを擁するだけに、序盤からサントリーが試合を制圧すると予想された。だが、「打倒トップリーグ」を掲げてチームを強化してきた帝京大は、キャプテンFL(フランカー)亀井亮依(4年)の「積み上げてきたものを全部出す」の言葉どおり、すばらしいプレーを披露する。

 鍛え上げられたフィジカルをベースに、帝京大はラン、パス、キックでボールを大きく動かすラグビーで、自陣から積極的にアタックを開始した。その手応えは、選手たちが「最初のコンタクトでいけると思いました」と声を揃えたほど。ターンオーバーからサントリーに先制トライを許すも、前半14分にFB(フルバック)尾崎晟也(3年)がカウンターアタックを仕掛け、最後はWTB(ウィング)吉田杏(3年)が日本代表FB松島幸太朗のタックルを外してトライ。7−7の同点に追いついた。

 サントリーは先週、4シーズンぶり4度目のトップリーグ優勝を決めたばかり。試合序盤は準決勝の相手を下に見ていた感は否めない。サントリーSH(スクラムハーフ)流大(ながれ・ゆたか)は、「大学ではなくトップリーグのチームと対戦するつもりで相手をリスペクトし、いい準備ができたが、メンタル的に前半は隙があった」という。

 その後、サントリーに2トライを奪われるものの、帝京大は追い詰められた場面でも強さを発揮する。37分にはFW勝負にこだわってモールを押し込み、来年度のキャプテンを務めるHO(フッカー)堀越康介(3年)がトライ。さらに40分には自陣の奧深くからカウンターを仕掛け、FB尾崎が相手のディフェンスラインを突破すると、最後はWTB竹山晃暉(2年)にパスを通してトライを挙げた。SO(スタンドオフ)松田力也(4年)がゴールを決めて21−21。前半は同点で折り返すことに成功する。

 このままいけば、もしかしたらジャイアントキリングもあるのか......。ハーフタイムの花園に、そんな空気も漂い始めた。

 しかし、そこはさすがにトップリーグ王者。ハーフタイムにサントリーの沢木敬介監督は、「相手やメンバーに選ばれていない選手、お客さんに対して失礼だと思った。試合に対する態度に関して言いました」と、檄(げき)を飛ばしたという。

 すると、サントリーの選手のギアが一段階上がる。帝京大の弱みであるラインアウトからのモール、そしてスクラムでトライを重ね、すぐさま突き放しにかかった。元オーストラリア代表FLジョージ・スミス、2015年ワールドカップメンバーのPR(プロップ)畠山健介、SH日和佐篤(ひわさ・あつし)らを投入し、後半だけで5トライの猛攻。帝京大もFB尾崎の突破からチャンスを作り、WTB吉田が2トライ目を挙げるも、反撃はそれが精一杯だった。

 終わって見れば、54−29。社会人王者が学生王者を圧勝で下した。しかしながら、今シーズン初めてサントリーから4トライを奪うなど、帝京大は持っている力を十二分に示したと言えるだろう。試合後、帝京大の選手たちはこの試合が最後となった4年生だけでなく、3年生以下も目を赤くしていた。1年間、「打倒トップリーグ」を掲げて本気のチャレンジをしてきたからこその悔し涙だった。

 帝京大OBのサントリーSH流キャプテンも、「僕が大学4年生のときに1〜2年生だった選手が出ていた。本当に成長している選手が多くて、すべての選手がすばらしかった。3年生も泣いている姿を見て、来季はもっと強くなると思いました」と、後輩たちの成長した姿に感銘を受けていた。

 来季から日本選手権に大学生枠がなくなるのは、2019年ワールドカップを見越してトップ選手のコンディションに配慮するためであり、そのこと自体は十分に理解できる。ただ、帝京大がチームとして積み上げてきた強さ、そしてフィフティーンの涙を見ると、やはり、いきなり社会人王者と戦うのではなく、段階的に強い相手と戦うような大会があればいいのでは、とも思ってしまう。

 帝京大のFL亀井キャプテンは、「トップリーグのチームと対戦する日本選手権に出場できなくなるのは寂しい。そこを目指すから、チームとしてハングリーになれた」と言い、同じく4年生のSO松田も、「トップリーグに勝つ、日本一になることを目標に、チーム一丸でやってきた」と語る。仲間と一緒に上を目指したからこそ、集団のレベルが相乗的に上がっていったこともあったはずだ。

 サントリーSH流キャプテンも、「(大学時代は)日本選手権が一番のモチベーションになっていた。すべてをかける意識でやっていた。(大学生の出場がなくなるのは)少し残念。それを補うために、トップリーグとかその上を経験できるシステムを作ってほしい」と、後輩たちに配慮した本音を吐露した。

 サッカーの天皇杯のような年間を通して、もしくは春シーズンだけ行なうカップ戦のような大会があれば、それも可能となるかもしれない。また、大学チームが社会人の下部リーグに参加できる形も面白いかもしれない。同時に、選手の二重登録を可能にして、JリーグやBリーグで行なっているような特別指定選手制度の整備も必要だろう。

 帝京大は「打倒トップリーグ」を掲げてきたからこそ、大学8連覇を達成できたとも言える。サントリーの沢木監督は、「帝京大さんは勝ちたい気持ちとハングリーさが自分たちよりも上回っていて、すばらしいラグビーをしていた。フィジカルがすごく、ボールの動かし方もうまいし、本当にトップレベルだと感じた」と手放しで褒め称えている。

 帝京大の岩出雅之監督は、「本当の意味でプレーの質を感じ取れる経験は日本選手権しかない」という。「3年くらい経つと全員卒業してしまうから、もう一度積み上げていかないといけない。未来ある学生にもう一度そこからやらせないといけないのか。日本ラグビー協会のみなさん、考えてください」と、日本選手権を終えた今、そう訴えた。

 スーパーラグビーに日本チームのサンウルブズが加入したことで、「シーズンストラクチャー(年間大会スケジュール)」という言葉をよく耳にするようになった。各カテゴリーのチームや選手個々の強化、そして育成のために一番いいスケジューリングとシステムの整備を早々に決めていかないと、日本ラグビー界は先細りするだけである。

 近い将来、大学生チームが上のカテゴリーと、ふたたび真剣勝負する日は来るのだろうか――。

斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji