写真提供:マイナビニュース

写真拡大

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は1月23日、マイクロソフトのクラウド・サービス・プラットフォームである「Microsoft Azure」の利用支援サービスを体系化し、「cloudage works by Microsoft Azure」の名称で提供開始した。売上は3年間で15億円を目指す。

新サービスでは、Azure利用環境の提供、同社が従来から提供している導入アセスメント・サービス、インテグレーション・サービスに加え、既存システムからのクラウド移行を検討しているユーザー企業を対象に、システム監視・運用管理業務を代行するサービスとして「Azure運用管理パック」を新たに提供するという。

同パックの実務は、同社グループ会社のCTCシステムマネジメント(CTCS)が担い、同社が提供しているAzureの運用サービスの範囲を拡大し、ユーザー企業に代わり、24時間365日の運用監視/バックアップ/セキュリティ・チェックなども行う。監視・運用要件に合わせ、ベーシック/シルバー/ゴールドの各プランを用意している。

CTCは、Azure利用環境の提供から運用までを同社が総合的に支援することで、ユーザー企業はアプリケーションの利用・開発に注力できるため、業務の効率化に貢献するとしている。また、Red Hatが開発・提供する商用LinuxディストリビューションであるRed Hat Enterprise Linuxや、オープンソース・ソフトウェアにも対応するサービスの提供が可能だという。

今後、Azure Stackにより、Azure上で利用するアプリケーションに最適なインフラを構築可能な環境にも対応していく方針だ。また、Azureを利用するサービス開発を進めていくとしている。

(山本善之介)